ベトナムの「カフェオム」「飯オム」では何ができる?場所や料金も紹介

恵比寿フライデーナイト読者の諸君、こんにちは。今回はベトナム風俗のマニアックな遊び「カフェオム」「飯オム」について深掘りしていこうと思う。ネットでは本番ができるという情報が飛び交っているが、実際は異なる

この記事では「カフェオム」「飯オム」がある場所や料金、遊び方も解説していくゾ。単にヤるだけでは物足りない、そんな読者はぜひ参考にしてほしい。

ベトナムのカフェオム・飯オムとは?

「カフェオム」はお触りOKのカフェ

そもそも「カフェオム」とはお触りOKのカフェを指す言葉だ。「カフェ」が「コーヒー」を、「オム」が「抱く」を意味しており、カフェを楽しみながら女の子を抱ける場所の総称として「カフェオム」が使われている。

抱けると言っても、その場でセックスができるわけでない。ここでの「抱く」は「ハグ」を意味しており、座った男性の膝に女の子がまたがってくる。ほかにも隣に座った女の子の胸をもんだり、お尻を触ったりできるゾ。

その場でヌいてもらえると記載しているサイトもあるが、そこは交渉次第だ。女の子の気分によってOKな場合もあれば、お触りしか許さない子もいるゾ。金額については後述する。

「飯オム」は食事をしながら女の子とイチャイチャ

「飯オム」は食事と女の子とのイチャイチャを同時に楽しめる場所だ。「飯」が「ご飯」を、「オム」が「抱く」を意味している。「カフェオム」では女の子を隣に座らせてイチャつくが、「飯オム」では食事を食べさせてもらえる。

きわどい服をきた女の子が、手ずからご飯を食べさせてくれるのだ。文字で表すとそこまでいやらしさを感じないのだが、実際行ってみるとかなり興奮する。そもそも人前で口内をさらすなんて歯医者ぐらいであるため、「見られている」ことにドキドキするのだ。女の子に世話を焼かれるのが好きな人には、とくにオススメしたい。

ホーチミンでカフェオム・飯オムがある場所

今回はベトナムのホーチミン市にあるカフェオム・飯オムを紹介するゾ。

カフェオムは8区にある

ホーチミン市にあるカフェオムは「8区」に集まっている。8区は「カフェオムの聖地」と呼ばれているらしく、なかでも「Pham The Hien通り(ファムターヒエン通り)」が有名だ。この通りだけで7軒ほどのカフェオムが立ち並んでおり、ほとんどが昼から店をあけている。

ただ、「Pham The Hien通り」には普通のカフェもたくさんある。見分け方としては店の前で可愛らしい女の子が座っているか、入り口あたりに椅子が並んでいる店を選ぶとカフェオムである可能性が高いゾ。

飯オムはDe Tham通りにある

飯オムはホーチミン1区にある「De Tham通り(デタム通り)」にある。カフェオムのように店先で女の子が座っているということはなく、見つけにくいのが難点。実際、筆者が初めて飯オムを訪れたとき、少し派手な外装の飲食店を飯オムと勘違いして入店した。

ローカルすぎて案内人が必要とは耳にしていたが、ここまで見つからないとは誰も思わないだろう。幸い風俗に詳しい現地人が知り合いにいたため、後日その人を通して予約してもらうことに。

どうやら予約をするか否かによって、店の対応も少し変わるそうだ。2回目で挑戦したときは個室が用意され、無事飯オムを体験できた。

カフェオム・飯オムの料金とは?

カフェオムの料金は10万~20万ドン

カフェオムの料金は10万~20万ドンほど。日本円にして約500円~1,000円という安さだ。ベトナム風俗のなかでも、トップレベルの安さである。

詳しい料金は以下のとおり。

  • ドリンク代+店へのチップ代…10万ドン(500円)
  • ビール代…8万ドン(400円ほど)

たった900円ほどで女の子とイチャイチャしながら、お酒も飲める。お触り以上のことを求めるなら、女の子への追加チップが必要だ。手でのサービスは20万ドン(1,000円ほど)、口でのサービスはそれ以上にかかる。ただ、必ずOKしてくれるわけではないため、基本はヌいてもらえないと思っておこう。

飯オムの料金は50万ドンから

飯オムの料金は約50万ドンから。日本円にすると2,500円ほどだ。飯オムは食事の内容によって金額に差がでる。お酒や高い料理を注文すれば値段も高くなるが、それでも1人3,000円ほどで収まる。

あとは女の子へのチップ20万ドン(1,000円ほど)が必要になるため、料理を30万ドン(1,500円ほど)に抑えれば総額50万ドン(2500円ほど)で飯オムを楽しめるゾ。

ベトナム「カフェオム」の遊び方

ベトナム「カフェオム」の遊び方は以下のとおり。

店に入店→席についてドリンクを注文→女の子が席についていいか聞いてくる→好みの子ならOK、そうじゃなければNOで別の子と交代→イチャイチャ→退店

筆者が訪れたのはファムターヒエン通りにある「カフェオム714」という店。日本のキャバクラとピンサロを掛け合わせた感じだろうと予想していたが、入店した瞬間から驚かされた。店内が真っ暗なのだ。「薄暗い」とかではなく、1メートル先は闇なのかと感じるほど暗い。筆者の都合で昼間に訪れたのだが、店内が暗いおかげで日常から切り離されたかのようなワクワク感があった

席について注文し、運ばれたビールを飲んでいるとすぐそばに人の気配が。いつの間にか女の子が来ていたようだ。スリットが大きくあいたアオザイを着用しており、暗がりのなかに白い生足が浮かび上がっている。

座ってもいいかと訪ねてきたので、即「OK」と返事をした。このとき、美人が隣に座るのかとニヤニヤしていた自分をぶん殴りたい。なんとその女の子、いきなり筆者の膝の上にまたがってきたのだ。驚きつつも興奮し、すかさずお尻をタッチ。とくに拒否されることなく、最終的には胸まで触らせてくれたゾ

ダメもとで連れだせるか聞いてみたが、やはり答えはNOだった。ちなみにカフェオムはローカル店であるため、英語も全く通じない。お触りが目的だから会話は必要ないが、交渉をする際は簡単なベトナム語とジェスチャーで行う必要があるゾ。
「カフェオム714」は閉業したとの情報が寄せられている。コロナの影響かは分からないが、少なくとも2021年の2月まではやっていたため、潰れたのは最近らしい。(2021年8月現在)

ベトナム「飯オム」の遊び方

ベトナム「飯オム」の遊び方は以下のとおり。

店を予約(なくても大丈夫だがした方がいい)→入店→料理を注文→女の子と料理がやってきて接待スタート→会計→退店

筆者は最初、何の情報もなしに飯オムを探し出そうとした。が、普通の飲食店に偽装しているのか、なかなか見つからず現地人に協力して3名の予約を行ってもらった。このように、観光客が自力で探すには難易度が高いため注意して欲しい。

予約した個室に通され、友人達とご飯を注文する。すると、料理とともにアオザイをきた女の子たちが部屋に入ってきた。余談だが、運ばれてきた料理はかなり本格的だったゾ。どうすればいいのか戸惑っていると、女の子たちはテキパキと料理を取り分けたり、お箸を準備したりしだす。

1人の女の子が筆者の隣にたち、料理をのせたお箸を口元に近づけてきた。箸にあわせて口を開けたのだが、これがかなり恥ずかしい。筆者の顔を見ながら、胸元の開いたセクシーな子がニコニコと世話を焼いてくるのだ。ふと友人をみると、別の女の子からバッグハグで胸を押しつけられていた。お触り自体は少なかったが「酒×女×飯」という最高の組み合わせで、それなりに楽しめゾ。

性欲を満たすというよりは、「女の子に世話を焼かれたい」「ドキドキ感を味わいたい」という人に向いているだろう。個人的には「あーん」すると見せかけて女の子の口へと運ぶ、という意地悪にときめいてしまった…。

ペースなど関係なしに口へと突っ込んでくることもある。ある程度はこちらでコントロールすると、楽しみやすいかもしれない。

低予算で遊びたい読者にオススメ

今回はベトナムのローカル風俗「カフェオム」と「飯オム」について解説した。性的サービスが控えめなぶん、料金が安いのが特徴だ。また、飯オムについては他の風俗にはないイチャイチャが体験できる。カフェオム・飯オムで気分をあげてから、本番ができる風俗へと足を運ぶのもいいかもしれない。素敵な夜になることを祈っているゾ。アディオス!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

e_fridaynight

秘密のお店紹介LINE爆誕

恵比寿フライデーナイト現地お店紹介LINE爆誕

リアルタイムで風俗店を紹介する恵比寿フライデーナイトLINE @が爆誕した。

LINE限定でお店の紹介を受け付けているぞ。

もちろん完全無料なので性を通して生を感じたい読者の諸君、連絡待ってるゾ!

友だち追加