ベトナムのエロマッサージは本番あり?料金や場所・遊び方も解説

恵比寿フライデーナイト読者の諸君、こんにちは。今日はベトナム風俗を体験するために何度も足を運んだ筆者が、エロマッサージについて深掘りしていく。

ネットに情報も出ているが、悲しいことに店舗名や住所などは伏せられているのが現実。

この記事ではベトナムエロマッサージが受けられる場所や料金、遊び方まで詳しく解説していくゾ。もちろん諸君が気になるであろう、本番の有無についても語るつもりだ。ベトナムのエロマッサージが気になる人は、ぜひ参考にしてほしい。

まだベトナム風俗についての全容が見えていない読者は、ベトナム風俗全般を比較した「ベトナム風俗全種類徹底解説」の記事をチェックした後で戻ってきてほしい。

ベトナムのエロマッサージとは?

ベトナムは言わずと知れたマッサージ天国

ベトナムは言わずと知れた「マッサージ天国」だ。もちろん「エロ」のほうもかなり発展しており、道を歩けば「マッサ?」などといって若いお兄ちゃんが客引きをしている。日本語はほとんど通じないが、筆者が引っかかった客引き兄ちゃんは「エッチ!」「フェラチオ!」などと、卑猥な単語を連呼していた。

ベトナムでは売春が禁止されているため、一見すると普通のマッサージ店として営業していることも少なくない。判断が難しい場合は、店舗の入り口を見てほしい。やたらキレイでセクシーな格好をしている女性がいれば、そこはエロマッサージ店だ。また、エロマッサージ店は店舗の看板に「VIP」と書かれていることが多い。そのあたりで判断すると、簡単にエロマッサージ店が見つかるゾ。

女の子によっては本番がOKな場合も

ベトナムのエロマッサージ店は手コキが主流だ。サービス内容は交渉と女の子次第であるため、こちら側からアクションを起こさなければ服すら脱いでくれないこともある。逆に言えば交渉さえ上手くいけば、脱ぎアリの手コキ、フェラ、本番へとステップアップできる。

本番は本来サービス内容に含まれていないため、お店にゴムの用意はない。いつでもヤれるよう、つねに準備しておこう。
海外製のゴムは精度や使用感の点から、使用したくないという読者もいるだろう。実は成田空港をはじめとした国際空港で、しれっとコンドームが販売されている。準備し忘れた人は、ぜひ空港の売店で入手してほしい。

エロマッサージを受けられる場所は?

エロマッサージはホーチミンに集結

ベトナムのエロマッサージはホーチミンに集結している。エロマッサージ自体はハノイやドーソンにも店を構えているが、店舗数でみるとやはりホーチミンがおすすめだ。店舗数が多いぶん、可愛い女の子と出会えるまで探索できるゾ。

ブイビエン通り

ホーチミンにあるエロマッサージで有名な通りが「ブイビエン通り」だ。ホーチミンのなかでもっともに賑やかと言われるほど、かなりの飲食店・売店がそろっている。エロマッサージも例外ではなく、500mほどの通りに多くのマッサージ店や呼び込みの女の子が連なっている

客引きの可愛い女の子に付いていくと、サービス寸前でババアとチェンジされることもある。必ず客引きの子がサービスしてくれるかを確認すること。もし騙されたら、サービスが始まる前に撤退することをオススメする。

レタントン通り


レタントン通りにもエロマッサージ店が集結している。レタントン通りは「ホーチミンのリトル東京」と呼ばれるほど、日本文化が栄えている通り。その反面、日本人客に向けた料金設定となっているため、他よりは値段が高くなっている

しかし、レタントン通りは他のスポットと違って、本番まで持っていける確率が高い。また、日本人客が多いからなのか、日本人好みの女の子が出てくる場合がほとんど。驚くほどに可愛い!という訳ではないが、ババアは出てこないため安心して遊べるゾ。

ベトナムのエロマッサージの料金とは?

料金の相場は50万~100万ドン

ベトナムのエロマッサージの料金は50万~100万ドンほど。日本円にすると2,500~5,000円ほどだ。マッサージの料金が大体20万ドン(1,000円)で、そこに女の子へと払うサービス代が加算される。サービス代は何を行うかで変わってくるため、料金をおさえたい人は女の子への交渉が大切。

手コキは20万~40万ドン(1,000~2,000円)、フェラは30万~60万ドン(1,500~3,000円)ほどが相場だ。交渉がうまくいったり、安い店を探し当てたりすれば40万ドン(2,000円)で抜くことができるゾ。

本番ありの場合は200万ドンを超える

エロマッサージで本番を行う場合、最低でも200万ドン(1万円)は必要だ。そこまで安いとは感じられないが、ベトナム女性を体験したい人はぜひ試してみてほしい。

施術前に高い料金を支払ったのに、通常のマッサージしか受けられなかったという報告があった。悪質な店だけかもしれないが、念のため後払いをオススメする。

ベトナムエロマッサージの遊び方

ベトナムエロマッサージの遊び方は以下のとおり。

入店→女の子を選ぶ→軽いマッサージを受ける→女の子からエロマッサージを提案orこちらから交渉→本格的な手コキ・フェラ→退店

店は昼から夜中にかけて営業しているところが多い。筆者は気分を高めるため、日が暮れてから店を訪れた。前述した通り、街をブラブラ歩いているだけで「マッサ」「エッチ」などと声を掛けられる。若くて可愛い女の子に声を掛けられたたため迷いが生じたが、我慢して目的の店へと進んだ。

店内に入るとセクシーな衣装を着た女の子達によるお出迎え。偽装床屋のような態度の悪さを想像していたため、愛想の良さに少し驚いた。2階の小さな部屋へ案内され、マッサージを受ける。マッサージベットがあるだけの簡易な部屋で、もちろんシャワーなどはない。しかし、その環境に冒険心をくすぐられ、筆者はかなり興奮した。非日常を体験したい人には、かなりオススメの遊び方だ。

ベトナムでおすすめのエロマッサージ3選

APPLE PEN

APPLE PEN(アップルペン)はかなり安くで楽しめるエロマッサージ店だ。料金は本番ありで140万ドン(7,000円ほど)だが、交渉次第なところもある。とくに観光客だと分かれば足元を見てくる場合もあるため、粘って交渉してほしい。

ちなみに筆者は本番で200万ドン(1万円ほど)を要求された。が、事前に調査していたおかげで、140万ドンまで値下げすることができたゾ。ひどい場合は300万ドン(15,000円ほど)を求められることもあるらしい。充分に注意してくれ。

APPLE PENは本来「Queen Bee Spa(クイーンビースパ)」という名前で店を構えていた。このように摘発対策などの理由から店舗名が変わることが多いため、事前に調べておくことをオススメする。

店舗名:APPLE PEN(アップルペン)

料金:マッサージ40万ドン(約2,000円)/マッサージ+フェラ+本番で140万ドン(約7,000円)

good spa

good spaはエロマッサージのなかでも比較的高い店だ。そのかわり、若くて可愛い女の子がそろっている。本番は必ずできるわけではないが、女の子との交渉次第でかなり高い確率でヤれる

高いだけあって部屋にはシャワーやトイレが設置されていた。プレイが始まる前になると、女の子がチップを要求しだす。最初から本番を期待していた筆者は、本番料金として130万ドン(6,500円ほど)を渡した。このようにチップ次第で女の子もやる気になるし、それ以上のお金はねだられない。

店舗名:good spa(グッドスパ)

料金:マッサージ70万ドン(約3500円)/本番あり200万ドン(約1万円)

※マップ上ではホテルが表示されるため、その近辺を歩いて探してほしい。白地にピンクの文字で「good spa」と書かれた看板があるため、すぐに見つかると思うゾ。

PHUNG THUY

PHUNG THUYは日本人の間でもかなり有名なエロマッサージ店だ。日本人客が多いこともあってか、部屋の清掃も行き渡っている。また、大きなバスタブが設置されており、女の子に隅々まで洗ってもらえた。本番はできなかったものの、丁寧なフェラであっという間に時間が過ぎたゾ。

店舗名:PHUNG THUY

料金:マッサージ50万ドン(約2500円)/フェラ50万ドン(約2500円)から

ベトナムエロマッサージの総評

今回はベトナムのエロマッサージについて解説した。ベトナムは「マッサージ天国」と言われるだけあり、各地にエロマッサージ店がある。なかでもホーチミンは至る所で客引きが行われているため、初心者でも見つけやすいだろう。ただ、本番ができるかどうかは、交渉と女の子の気分次第。諸君が最高の夜を過ごせるよう祈っているゾ。アディオス!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

e_fridaynight

秘密のお店紹介LINE爆誕

恵比寿フライデーナイト現地お店紹介LINE爆誕

リアルタイムで風俗店を紹介する恵比寿フライデーナイトLINE @が爆誕した。

LINE限定でお店の紹介を受け付けているぞ。

もちろん完全無料なので性を通して生を感じたい読者の諸君、連絡待ってるゾ!

友だち追加