【体験談】ベトナムの立ちんぼとは?場所や料金・遊ぶときの注意点も解説

恵比寿フライデーナイト読者の諸君、こんにちは。今日はアジア、とくにベトナム風俗への愛が止まらない筆者が、立ちんぼについて深掘りしていく。ネットにでている情報通り格安でベトナム女性とヤれる遊びだが、隠された危険についてはご存じだろうか

この記事では立ちんぼがいる場所や料金、遊び方と注意点も解説していくゾ。仕事や旅行で足を運ぶ予定の読者は、ぜひ参考にしてほしい。

ベトナムの立ちんぼとは?

立ちんぼとは「売春を行う女性」のこと

そもそも「立ちんぼ」とは「街中で声をかけ、売春を行う女性」を指す言葉だ。日本でも立ちんぼは存在するが、摘発の恐れがあるため女性側から声をかけてくることはない。しかし、ベトナムではスポット内を少し歩くだけで、たくさんの女の子達が声をかけてくる。

筆者がまだ海外風俗について詳しくなかった頃、若い女の子がやたら声を掛けてきて戸惑ったことを覚えている。観光客を主な狙いにしているのかは分からないが、気づけば隣にセクシーな女性が並んでいるのだ。その時は遊び疲れていたため断ったが、ベトナムの立ちんぼはそれほど声を掛けてくると心してほしい。

ベトナムでは「ホンダガール」とも呼ばれる

ベトナムでは「立ちんぼ」のことを「ホンダガール」とも呼ぶ。「ホンダガール」とはホンダのバイクに乗った二人組の男女を指しており、後ろにのった女性が話しかけてくる。「立ちんぼ」は歩き、「ホンダガール」はバイクという違いがあるが、やっていることは売春であるため混同されることが多い。

これは豆知識だが、ホンダガールは運転手の青年に恋愛感情を抱いていることが多い。ホストに貢ぐ風俗嬢のように、体で稼いだお金を運転手に渡しているそうだ。好きな男性がいる子を抱くのは、背徳心もあって謎にドキドキしたことを覚えている。

女の子かと思って近づいたら、女装している男だったという話を聞いたことがある。油断したところで金品を盗まれることもあるため気をつけて欲しい

立ちんぼがいる場所とは?

ここではハノイで有名な立ちんぼスポットを紹介する。個人的にハノイの立ちんぼレベルはかなり高いと感じる。ホーチミンやドーソン区よりも可愛くてスタイルのいい女の子が多いゾ。

オールドクォーター地区


ハノイで有名な立ちんぼスポットといえば「オールドクォーター地区」だ。「オールドクォーター地区」とはハノイにある旧市街で、歴史的建造物が多く見られる。なかでも「バックパッカー通り」と呼ばれる「ゴーフィン通り」には、夜になると立ちんぼが出没する

ただ、0時を過ぎても外にいる場合、警察から帰宅を促される。立ちんぼの女の子たちも帰ってしまうため、19時から21時頃の間にスタンバイしておくといいかもしれない。ちなみに筆者は22時頃に通りがかったところ、立ちんぼに遭遇したゾ。

ダオ・ズイ・トゥ通り

ダオ・ズイ・トゥ通り」もハノイで有名な立ちんぼスポットだ。「ダオ・ズイ・トゥ通り」は旧市街にある通りで、夜になると立ちんぼが出没する。

ただ、詳しい場所や時間帯は彼女たちの気分によるため、タイミングが悪ければ遭遇できない可能性もある。なかなか出会えない場合は、お酒を提供している店の前でスタンバイしてみてほしい。彼女たちは酔っ払った現地人にも声をかけるため、居酒屋周辺に出没することが多いゾ。

ベトナム立ちんぼの料金とは?

立ちんぼの料金は30万~50万ドン

ベトナム立ちんぼの料金は30万~50万ドンが相場だ。日本円にすると1,500~2,500円ほど。「置屋」や本番ありの「エロマッサージ」と比べても、かなり安い料金で遊べることが分かる。(安さの裏に隠された危険については後述する

立ちんぼは雇われた女の子ではなく、個人で活動している女の子ばかりだ。そのため、突っ立っている女の子に料金・時間の交渉を行う。拘束時間が長くなればそれだけ値段も跳ね上がる。後々トラブルを防ぐためにも事前に交渉を行うことをおすすめする

筆者は最初、60分で70万ドン(約3,500円)を要求された。が、事前に調べた知識があったため、交渉で45万ドン(約2,000円)まで下がったゾ。

チップは不要だがホテル料金がかかる

立ちんぼにはチップは不要だ。しかし、プレイ料金とは別にホテル料金が必要になる。お金がかかると言っても、ベトナムのホテルはかなり安い。1時間5万ドン(約250円)というホテルもあるため、そこまで負担にはならないだろう。

ベトナムの法律では、未婚の男女が同室に泊まることが禁じられている。宿泊だけでなく、招き入れるのもNGだ。たまたま警察と遭遇して摘発された…なんてことは稀だが、ないとは言えないことを覚えておいてくれ。

ベトナム立ちんぼの遊び方と注意点

立ちんぼの遊び方の流れ

ベトナム立ちんぼの遊び方は以下のとおり。

立ちんぼスポットを訪れる→女の子から声をかけられる→交渉→ホテルへと行く→プレイ開始→解散

初めて立ちんぼを経験した日、筆者はかなり疑っていた。値段が安すぎるし、インターネットでは「危険」の2文字とともに紹介されていたからだ。「お金だけ取られるんじゃ?」「途中で怖い兄ちゃんが出てきたり…」なんて思いを抱えつつ、夜のオールドクォーター地区を散策。

前回素通りしたときと同様に、短いスカートをはいた若い女の子がたくさんいる。声をかけて相手にされていない子がいれば、2人で夜の街に消えていった子もいた。「あの子可愛いな~」と1人の女の子を観察していると、目が合って近寄ってくる。そこからの展開は、緊張していたのが嘘であるかのように速かった

要求された70万ドンを交渉で45万ドンに下げ、ホテルへ行ってフィニッシュ。60分という比較的短い時間だったが、風呂も入らず行為に移ったためかなり満足できたゾ。

立ちんぼは病気を移される可能性大!

格安で若い女の子とヤれる「立ちんぼ」だが、病気を移される可能性があるため注意してほしい。日本の風俗のように店で管理されることはないため、性病検査をやっていない子がほとんどだ。また、ベトナムの低所得者に対してもサービスを行うため、正直どんな病気をもっているか分からない。女の子側がゴムを用意することは稀であるため、必ず各自用意しておくことように。

海外のゴムは付け心地が悪く、体に合わない場合もあるため日本製を持って行くことをおすすめする。ゴムの準備を忘れた人は、羽田空港をはじめとした国際空港に必ず売っているため、売店を覗いてみてほしい。

ホテルに入ると警察に摘発されることも

立ちんぼで遊ぶ際、病気と同じくらい注意したいのが「警察」だ。以前耳にしたのが、女の子と行為に及ぼうとすると警察が突入してくるというもの。本物の警察かは置いておいて、解放されたければ金をよこせと要求してくる。実際、法律違反を犯しているのはこちら側なため、大人しく払うか連行されるしかない

とくに女の子がホテルを指定してきたときは、ホテル側と女の子がグルだと思った方がいいだろう。

筆者は警察からの摘発を恐れ、自分が泊まっている日系ホテルで行為に及んだ。日系ホテルであれば、ホテル側がグルになって騙そうとしてくることはないため、比較的安心できるゾ。

ベトナム立ちんぼはスリルを楽しみたい人におすすめ

今回はベトナム「ハノイ」の立ちんぼについて紹介した。ホーチミンにも立ちんぼは存在するのだが、窃盗目的が多すぎるためオススメできない。また、ハノイの立ちんぼについても危険と隣り合わせだということを理解してほしい。普通の風俗じゃ満足できない、そんな冒険心のある読者はぜひ試してみてくれ。いい夜になることを願っている。アディオス!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

e_fridaynight

秘密のお店紹介LINE爆誕

恵比寿フライデーナイト現地お店紹介LINE爆誕

リアルタイムで風俗店を紹介する恵比寿フライデーナイトLINE @が爆誕した。

LINE限定でお店の紹介を受け付けているぞ。

もちろん完全無料なので性を通して生を感じたい読者の諸君、連絡待ってるゾ!

友だち追加