ベトナム(ハイフォン)のドーソン岬へ潜入!ニャギの場所や行き方・料金も

恵比寿フライデーナイト読者の諸君、こんにちは。ベトナム風俗を愛してやまない筆者だが、とくに印象に残っているのがハイフォンのドーソン岬だ。

ニャギ」と呼ばれる日本で言うところのラブホでは、女の子を1,500円という安さで抱ける

もちろん安さも魅力なのだが、ローカル臭漂う雰囲気とある理由からくる背徳感など、筆者の男心をくすぐるものがたくさんあった。

今回はベトナム(ハイフォン)のドーソン岬にあるニャギについて解説していこうと思う。詳しい料金や行き方、遊び方も写真付きで紹介するためぜひ参考にしてほしい。

ドーソン岬のニャギの料金と遊び方

「ニャギ」とは日本でいうラブホ

ドーソン岬の風俗と言えば「ニャギ」を思い浮かべる読者も多いだろう。「ニャギ」とは、日本で言うところの「ラブホ」を想像してもらえると分かりやすい。

宿泊とヤリ部屋の要素を兼ね備えた、格安ホテルのようなものだ。

※実際に泊まったニャギ

日本のラブホと違って、食事つきのニャギもある。宿泊する宿・部屋によって設備は異なり、冷蔵庫がついている部屋もあれば、テレビすらない部屋も。

事前に予約する必要はないが、部屋を決める前に中を見せてもらうことをオススメする。

※受付。女将さんがいなければ座ってまっていればOK。

宿泊料金は昼・夕の食事付きで30万ドン(1,500円)ほど。宿泊のみの場合は25万ドン(1,200円)ほどだ。女将の料理が意外とうまいため、筆者は断然食事付き。

ただ、周囲に日本語のメニューを置いている飲食店もあるため、外へ食べに出ることも可能だ。

ニャギは到着時間が遅いと泊まれないことがある。最低でも18時までにはチェックインするようにしよう。事前予約はできないため注意してくれ。

ニャギではホンダガールを呼んで本番に挑む

ニャギでは「ホンダガール」と呼ばれる売春婦を呼んで楽しむのが一般的。宿の前に置いてある椅子に座っていると、どこからともなくホンダガールが現れるゾ。

それも1人・2人ではなく集団で現れるため、その中から好みの女の子を選ぶスタイルだ。ちなみに、ドーソン岬のホンダガールはニャギの女将と繋がっている

どこからともなくホンダガールが現れると記したが、実際は女将が呼んでいるケースも多い。ホンダガールにお客を流し、ヤリ部屋を提供する代わりに収益の数十%をもらっているそうだ。

女の子にも拒否権があるため要注意。不衛生な格好をしていると断られるため、できるだけ身だしなみを整えておくといいゾ。

ホンダガールについて詳しく知りたい読者は、以下の記事を参考にしてほしい。

恵比寿フライデーナイト読者の諸君、こんにちは。今日はアジア、とくにベトナム風俗への愛が止まらない筆者が、立ちんぼについて深掘りしていく。ネッ...

料金は1発30万ドン(1,500円)

料金はおよそ30万ドンほど。日本円にすると約1,500円と、驚異の安さだ。玄人になると1週間ほど滞在して満喫する方もいるが、初のドーソン岬であれば2~3日の滞在でも充分楽しめるだろう。

ただ、安い値段も関係しているのか、ドーソン岬のホンダガールは驚くほど塩対応だ。純粋さがないというか、とにかく擦れている。

キスはもちろんのこと、フェラや乳首を舐めるのすらNGな子もいる。日本のような手厚いセックスを求める方は、満足できないだろう。

裏話なのだが、ホンダガールはバイクを運転している青年とできている場合がある。できているといっても、健全な仲ではない。

日本で言うところのホストに貢ぐ風俗嬢のような関係で、女の子の稼ぎを青年に貢いでいるのだ。

青年に恋する少女を抱くなんて、筆者としては背徳心と興奮でどうにかなりそうだった

ベトナムの若者はゴムを付けずにヤることが多い。正しい性教育が行き届いていないという理由もあるが、避妊具の高さも関係している。1つ500円という値段から、購入をしぶる若者が多いそう。

知らずに病気を持っている子もいるため、必ずゴムを付けて本番に挑もう。ゴムは日本国内の空港で購入できるゾ。

ドーソン岬にあるニャギの場所・行き方と体験レポ

ドーソン岬へはハノイからバスで2時間

ドーソン岬はハノイから約2時間の場所にある。大まかな流れは以下の通り。

ハノイ→ハイフォン→ドーソン岬

※ハノイのバス停で出発前に1枚。

まずは首都ハノイからバスに乗ってハイフォンを目指す。大きめの観光バスが30分に1本出ており、料金は片道10万ドン(約500円)ほど。1時間半ほど走れば、ハイフォンに到着だ。

※満員とまでは行かないが、かなり乗客がいた。

ハイフォンについたらタクシーへと乗り換える。30分ほど乗っていればドーソン岬に到着するゾ。タクシー代を抑えるならバスという選択肢もあるが、正直オススメしない。

※ハイフォンに到着後、ベトナム定番料理「バインミー」で腹ごしらえ

ベトナムの市バスはかなりローカルな乗り物であるため、言語が通じず土地勘のない初心者には難易度が高めだ。

また、バス停の場所もわかりにくく、乗り過ごしてしまうことも多い。タクシー代といっても25万ドン(約1,200円)ほどであるため、タクシーを利用した方がいいだろう。

ちなみにドーソンは1区・2区・3区と別れている。ニャギがあるのは1区・2区なのだが、1区はローカルすぎたり、外国人向けの宿がなかったりするため2区をオススメするゾ。

ドーソン岬のニャギへいざ潜入!

無事にドーソン岬へと到着した筆者は、ニャギを探しがてら街を散策することにした。ニャギは安価で宿泊できるぶん、部屋のクオリティはかなり低いと聞く。

できるだけ良い部屋を選びたいため、いくつか見て回ることにしたのだ。といっても、道路沿いにいくつものニャギが立ち並んでいるため、短時間で見終わるゾ。

筆者が訪れたのは空いている時期だったからか、18時以降に到着したにもかかわらず複数のニャギを訪問できた。

※筆者が宿泊したニャギ「Hoa Coc(ホアコック)」。別名、日本人宿と言うらしい。

Hoa Coc(ホアコック)」というニャギが比較的キレイだったため、即決。選んだ部屋は6畳ほどで、シャワールームとトイレが付いている。

ベッドと椅子が2つ置いてあるだけの簡易な部屋だが、どんなボロ屋なのかとドキドキしていた筆者はあまりの普通さに驚いた。

※汚くもキレイでもない微妙なラインの部屋

荷物を置いて腹ごしらえに出かける。ホアコックでは昼・夜に食事が提供されるのだが、少し遅めの時間に到着したため自分で調達することに。

その日は食後すぐに部屋へと戻り、明日に備えて眠った。翌日、波の音で目が覚める。ベランダに出てみると、目の前に広がるのは一面の海。

ここでベトナムの片田舎にいる実感が湧き、テンションが上がったまま早めの昼食をいただいた。

※ニャギ(ホアコック)のテラスからパシャリ。
ホアコックでは日本人客と遭遇することもある。食事は集団で取るため、興味があれば客同士で情報交換してみるといいゾ。

腹ごしらえがすんだ筆者は、さっそく旅の目的を果たすことに。他の日本人客と一緒に宿の前で例の椅子に座り、女の子を待つ。

女将が呼んでくれたのか、たまたまなのかは分からないが、10分も経たないうちにホンダガールが現れた。

※筆者が選んだムチムチの低身長女子。年齢はまだ10代だそう。

ついに来たとソワソワしながら、好みの女の子を選ぶ。最初に目を付けた子は別の旅行者に取られてしまったが、かわりに低身長で可愛らしい雰囲気の女の子をゲットした。

ベトナムの女の子はフェラをした際、つばを床に吐き捨てる習慣がある。気をつけなければ部屋がつばまみれになるため、フェラを避けるか別の部屋で行為に及ぼう。

自室が汚れるのが嫌だった筆者は、対面にあった空室に女の子を招き入れた。ドーソン岬の女の子としては珍しく、ニコニコと名前を教えてくれるような素直な子だった。

これはアタリだと思い、俄然興奮してくる。いざベッドに入り、本番スタート。

※女の子がシャワールームへといく様子をパシャリ。

結果としては満足のいくプレイだった。プレイが始まるまではどんな塩対応をされるのかと若干不安だったが、引きが良かったのかフェラまでしてくれた

田舎から出稼ぎにきたであろう純粋な少女に、イケないことをしているようでさらに興奮した。

ニャギに数日滞在するなら、良かった女の子の連絡先を聞いておこう。当たり外れのギャンブルを楽しむこともできるが、確実に満足したい場合は次からその子に直接連絡するといいゾ。

ちなみに他の日本人客のなかでは、挿入中に携帯をいじりだした子もいたらしい…。

筆者は当たり前のように連絡先を交換した。2度目は別の女の子とヤッてみたのだが、体位すら変えさせてくれない塩女子だったため、それ以降は1度目の彼女を呼んだゾ。

ドーソン岬はディープな風俗好きにオススメ

ベトナムのドーソン岬は、ディープな風俗好きにオススメのスポットだ。素人・玄人関係なく楽しめるが、ベトナム風俗のアレコレを知らずに挑戦すると、日本との差に戸惑うかもしれない。

逆に言えば、ローカル臭漂う場所で、非日常なセックスをしたいという方にはピッタリな遊びだろう。ドーソン岬でのナイトライフが素敵なものになることを祈っているゾ。アディオス!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

e_fridaynight

秘密のお店紹介LINE爆誕

恵比寿フライデーナイト現地お店紹介LINE爆誕

リアルタイムで風俗店を紹介する恵比寿フライデーナイトLINE @が爆誕した。

LINE限定でお店の紹介を受け付けているぞ。

もちろん完全無料なので性を通して生を感じたい読者の諸君、連絡待ってるゾ!

友だち追加