シンガポールのカラオケ(KTV)おすすめ3選!場所・行き方や料金も解説

恵比寿フライデーナイト読者の諸君、こんにちは。今回はシンガポール風俗の「カラオケ(KTV)」について深掘りしていく。

「持ち帰りOK」や「美女が多い」などの噂が飛び交うシンガポールのKTVだが、存分に満喫するためには店選びが重要となる。

この記事ではカラオケ(KTV)の場所や行き方、料金を解説するゾ。くわえて、おすすめのカラオケ店も紹介するため、ぜひ参考にしてほしい。

シンガポール風俗のカラオケ(KTV)とは?

カラオケ(KTV)とは本番ありのキャバクラ

カラオケ(KTV)とは、日本で言うところの「キャバクラ」のようなもの。個室で女の子と一緒にカラオケやお酒を楽しむ遊びだ。

シンガポールのカラオケは一風変わっており、店のランクによって遊び方が若干異なる。最も一般的なカラオケは、指名した女の子と個室で遊ぶというもの。

店によってイチャイチャできる程度が異なり、ちょっとしたお触りしかできない店もあれば、個室で脱ぎだす子がいた店もあるゾ。

確実にお持ち帰りできるわけではないが、事前にママへとチップを渡せば可愛い子を持ち帰らせてくれることが多い。

持ち帰りの確立を上げたい人には、高級カラオケがおすすめだ。一般的なカラオケのように個室で楽しむのではなく、大広間にて行われるステージを鑑賞して楽しむことが多い。

日本のキャバクラのように広い部屋に座席がいくつもあり、正面にステージが設置されている。

専属のシンガーの歌を聴きながら、席についた子に接待をしてもらうスタイルだ。値段が高いだけあり、女の子のレベルも相当高いゾ

MEMO
月単位でお金を渡して愛人契約をする富豪もいるらしい。

料金は総額で2万から10万円

シンガポールのカラオケ(KTV)は、2万から10万ほど必要だ。シンガポール風俗全体でみても、かなり高額である。

相場がイマイチ分からない人は、シンガポール風俗の種類・料金を比較した記事を参考にしてほしい。料金の詳細は以下のとおり。

MEMO
  • ボトル代…200SGD(約16,000円)
  • チップ代…女の子50SGD(4,000円)、ママ50SGD(4,000円)
  • ショート代…300SGD(約24,000円)
  • ロング代…600SGD(約49,000円)
シンガポールのカラオケでは「バタフライ制」と言って、女の子が20分ほどで交代するシステムをとっている店が多い。

この場合、女の子が交代して席に着くたびに50SGD(約4,000円)をチップとして渡す。お気に入りの子1人を席に着かせる場合は、250SGD(20,000円)のチップが必要だ。

部屋代はドリンクに含まれているため不要な店が多いが、それでもかなりの金額になるため要注意。

高級店であればボトル代が倍の400SGD(約32,000円)ほどになり、お持ち帰りをするなら追加でショート300SGD(約24,000円)ロング600SGD(約49,000円)を支払うゾ。

MEMO
美女に囲まれてイチャイチャし、上手くいけば本番もできるためかなり楽しい遊びだと筆者は思う。ただ、お金がない人や、本番にこだわりがある人は連れ出しバー・置屋という選択肢もあるゾ。
注意
お持ち帰りが必須ではないカラオケ(KTV)では、女の子がゴムを持っていることが少ない。シンガポール内では「オカモト」のゴムが販売されている場所もあるため、各自用意しておこう。

シンガポールのカラオケ(KTV)の場所・行き方

カラオケ(KTV)はカッページプラザにあり

シンガポールのカラオケ(KTV)はカッページプラザにある。カッページプラザは8階建てのビルで、中には日本料理屋がたくさん集まっているゾ。

上の階へと行けば行くほどカラオケ店が多くなり、ビル全体で30を超えるカラオケ店が存在する。

そんなカッページプラザは、シンガポール・チャンギ国際空港から20分の場所に位置する。

MEMO
カラオケを抜きにしても、カッページプラザはかなりおすすめ。手頃な値段で本格的な日本料理が楽しめるゾ。「餃子の王将」の看板を見つけたときは、さすがに驚いたが。

オーチャードプラザもカラオケで有名


オーチャードプラザもカラオケ(KTV)が集まるスポットだ。カッページプラザのすぐ横にあるビルで、近くには連れ出しバーが入っているオーチャードタワーがある。

ビル内には15を超えるカラオケ店が存在する。比較的リーズナブルで遊べる店が多いが、高級店も何店舗か入っているゾ。

シンガポールでおすすめのカラオケ(KTV)3選

Club De Emperor

まず紹介するのはオーチャードプラザの9階にある「Club De Emperor(クラブ ディ エンペラー)」というカラオケ店。高級店よりということもあり、店内はかなり煌びやかだ。

大人数が収容できるステージつきのルームもあるが、個室で楽しむこともできる。個室にはカラオケ機能がついているだけでなく、ビリヤード台がある部屋もあったゾ。

部屋に案内されるとママが10名以上の女の子を連れてくる。嬢はベトナムの子が多く、好みの子を選んでお酒やカラオケ、イチャイチャを楽しむゾ。

席の時間が決まっていないため、ゆったりと楽しみたい人向けの店だ。英語はもちろん、簡単な日本語が話せる子もいるため会話しやすいだろう。ちなみに持ち帰りはショートで300SGD(約25,000円)だ。

基本情報
  • 店舗名:Club De Emperor(クラブ ディ エンペラー)
  • 住所:5 Koek Rd, Singapore 228796
  • 料金:ドリンク・部屋代450SGD(約37,000円)、チップ総額250SGD(約20,000円)、持ち帰り300SGD(約25,000円)から
  • 営業時間:16:30~翌6:00
  • 公式HP:https://clubdeemperor.wixsite.com/index/home-c190e

VIP(ビップ)

カッページプラザの2階にあるカラオケ店が「VIP(ビップ)」だ。日本人向けのカラオケ店ということもあり、幼い顔つきの子が多く働いている。最大の特徴は価格の安さ

セットメニューのなかでも「ジャパニーズセット1」を選べば、1時間80SGD(約6,500円)で遊べるゾ。ビール3缶に女の子用のドリンクも1杯ついてくるため、かなりお得だ。

個室スタイルの店であるため、まさに日本のキャバクラのような感覚で遊びたい人にはピッタリだろう。お持ち帰りの有無は分からないが、かなり過激なサービスがあることで有名だ。

セーラー服のようなコスプレを披露してくれることもあり、お触りはもちろん脱ぎのサービスを行ってくれる子もいる。筆者的にはママへの交渉次第で持ち帰れそうな気がするゾ…。

基本情報
  • 店舗名:VIP(ビップ)
  • 住所:5, #02-24 Koek Rd, Cuppage Plaza, シンガポール 228796
  • 料金:1時間80SGD(6,500円)、チップ各50SGD(約4,000円)
  • 営業時間:19:30~翌3:00
  • 公式HP:http://vip-japanesektv.com/
注意
コロナの影響かは不明だがVIPは臨時休業中だ(2021年9月現在)

Lido Place(リドパレス)

Lido Place(リドパレス)」はシンガポールカラオケのなかでもトップクラスの高級店だ。

紹介してきたプラザ内ではなく、Holiday Inn Singapore Atrium(ホリディ インシンガポール アトリウム)というホテルの最上階に位置する。

多くはステージが置かれた大広間に通されるが、個室やVIPルームも完備されているゾ。両隣に女の子がつき、ステージ上ではシンガーが歌を披露してくれる。

何人ものシンガーがおり、気に入った子がいれば1つ200SGD(約16,000円)以上の花輪をチップとして渡すシステムだ。

大勢で騒ぐというよりは、日本の高級クラブのように大人の遊びを楽しむ場所である。隣についた女の子はショート400SGD(約32,000円)で持ち帰れるゾ。

注意
高級カラオケということもあり、値段を細かく聞くのはタブーとされている。シンガーへのチップをあげなかったり、女の子が席に着くのを拒否したりすれば値段は抑えられるゾ。
基本情報
  • 店舗名:Lido Place(リドパレス)
  • 住所:317 Outram Rd, シンガポール 169075
  • 料金:席代1,500SGD(約122,000円)から、女の子へのチップ38SGD(約3,000円)から、シンガーへのチップ200SGD(16,000円)から、ショート料金400SGD(約32,000円)、ロング料金800SGD(65,000円)
  • 営業時間:21:00~翌3:00
  • 公式HP:-

女の子とイチャイチャしたい人におすすめ

シンガポールのカラオケ(KTV)は必ず本番ができるというわけでない。スタイル抜群でキレイな女の子に接待してもらいたい、という人にピッタリの遊びだろう。

交渉次第ではお持ち帰りもできるため、ぜひ挑戦してもらいたい。なにか質問や感想があれば、LINEの方へ気軽に連絡してくれると嬉しいゾ。

素敵な夜になることを願っている。アディオス!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)