インドネシアのカラオケ(KTV)おすすめ3選!場所・行き方やキャバクラの料金も解説

恵比寿フライデーナイト読者の諸君、こんにちは。今日は東南アジアのなかでも安い部類に入るインドネシア風俗の「カラオケ(KTV)」について深掘りしていく。

インドネシアのカラオケは「ジャカルタ」に集まっているのだが、店によってサービス内容がかなり異なる。お触りだけのところもあれば、3P裸ダンスを楽しめる店もあるから驚きだ。

この記事ではカラオケ(KTV)の場所や行き方、料金を解説するゾ。くわえて、過激なサービスが期待できるおすすめのカラオケ店も紹介するため、ぜひ参考にしてほしい。

ラマダンに注意
人口の9割がイスラム教のインドネシアでは、「ラマダン」という欲を断ち切る行事が1か月間ある。期間中はすべてのナイトスポットが閉鎖されるため、事前に調べておこう。
ちなみに2022年は4月1日から4月30日の予定だ。女の子に聞き込みをしてみると、どうやらみんな実家へ帰っているらしい。「厳格なお盆」を想像してもらうと分かりやすいだろう。

インドネシア(ジャカルタ)のカラオケとは?

カラオケ(KTV)とは本番ありのキャバクラ

カラオケ(KTV)とは日本でいうところの「キャバクラ」のようなもの。在籍スタッフのなかからお気に入りを選び、一緒に酒やカラオケ、イチャイチャを楽しむ遊びだ。

※室内は日本のカラオケのような雰囲気だ。

女の子の年齢層は10代から40代とかなり幅広く、一列に並んだ中から好みの子を選ぶ。インドネシアのカラオケでは、終了時間が近づくとお持ち帰りを提案される。

ママが「この子どうだい?」と持ちかけてくることもあれば、女の子自ら「持って帰って!」と要求してくることも。

他国では宿泊先のホテルへ連れ込むことが一般的だが、インドネシアではカラオケ店のなかにベッドルームが完備されている。そこへ入って本番を楽しむゾ。

台湾のように確実にヤれるわけでないが、ベトナムよりはヤれる確立が高いと考えてほしい。

MEMO
ベッドルームが併設されている店は確実にヤれると考えていいだろう。なかには3PがOKされている店もあるゾ。
MEMO
店によっては女の子が日本語を話せることもある。本番が無理でも、母国語で若い子とワイワイしたいという人にピッタリの遊びだ。

料金は1万円から2.5万円ほど

インドネシアのカラオケ(KTV)料金は、130万から325万ルピア(約1万円から2.5万円)ほど。インドネシア風俗のなかでは最も高い遊びと言えるだろう。

相場がイマイチ分からないという人は、インドネシア風俗の種類・料金を比較した記事を参考にしてほしい。

カラオケ(KTV)料金の詳細は以下のとおり。

KTVの料金相場
  • 部屋代+ドリンク代…142万ルピア(約1.1万円)
  • チップ代…10万ルピア以上(約750円)
  • 本番代…130万ルピア(約1万円)
本番抜きの料金は店によってかなり幅がある。安いところだと2時間70万ルピア(約6,000円)ほどで楽しめるゾ。本番料金については多くが1万円以上すると考えてほしい。

ただ、女の子と仲良くなったり、店に通い詰めたりすれば79万ルピア(約6,000円)ほどに下がる場合もある。

注意
インドネシアのHIV感染者数はかなり多い。たとえゴムなしをOKされても、付けた方が身のためだ。また、インドネシアのゴムは分厚く、付けにくいという特徴がある。日本国内の空港では売店でゴムが販売されているため、できるだけ持ち込むようにしよう。

インドネシア(ジャカルタ)のカラオケの場所・行き方

カラオケ(KTV)は「ブロックM」にあり

インドネシア(ジャカルタ)のカラオケは「ブロックM」というエリアに集結している。ブロックMにはカラオケ店の他にも数々の日本食店があり、日本人街としても有名。
ブロックMのエリア
そんなブロックMは、ジャカルタにある「スカルノハッタ国際空港」から車で40分ほどだ。

注意
インドネシアの通勤ラッシュは他国と比べてもかなりひどい。通常20分かかる距離に3時間を費やすことなどザラにある。ブロックMのカラオケ店で遊ぶ予定なら、あらかじめ近場のホテルを予約しておこう。

ホテルに併設されていることも多い

ブロックM以外にも、ホテルにカラオケ(KTV)が併設されていることもある。ホテルにあるカラオケは20代から40代と年齢層が高めだ。

ブロックMのような10代の子と遊ぶことはできないが、スタイルがよく洗練された女性と大人な遊びを楽しめる。

※両隣に女の子が座って接待してくれるゾ。

インドネシアでおすすめのカラオケ(KTV)3選

Chameleon(カメレオン)


Chameleon(カメレオン)はブロックMにあるカラオケ店だ。過激なサービスが受けられることで人気を博している。

最も安いセットを注文すれば、部屋代・ドリンク代込みで118万ルピア(約9,000円)ほどで遊べるゾ。

カメレオン名物となっているサービスが「セクシーダンス」だ。女の子たちが裸になって、テーブルの上で踊るという遊び。

リズムのいいクラブミュージックにあわせ、2~3曲ほど踊ってくれるゾ。ダンスの価格は1人につき30万ルピア(2,300円)ほどだ。

カメレオンではベッドルームが完備されており、そこで本番をすることも可能。本番料金は100万ルピア(約7,500円)ほど。

また、持ち帰りの場合は、ショートで130万ルピア(約1万円)ロングで180万ルピア(1.4万円)と若干高くなるゾ。

基本情報
  • 店舗名:Chameleon(カメレオン)
  • 住所:Ruko BLK M, JL. Melawai 8, Melawai, 12160 Jakarta Selatan, Indonesia, RT.3/RW.1, Melawai, Kec. Kby. Baru, Kota Jakarta Selatan, Daerah Khusus Ibukota Jakarta 12160 インドネシア
  • 料金:本番含めて300万ルピア(約2.3万)前後
※コロナの影響かは不明だが、Chameleonは臨時休業中だ(2021年9月現在)

The Best(ザ ベスト)

The Best(ザ ベスト)も過激さを売りにしているカラオケ店だ。ブロックMにある韓国系の店で、女の子の数が多く、レベルも高いという特徴がある。

「ブロックMプラザ」の6階に店を構えるため、土地勘がない人でも行きやすいだろう。ゴールデンタイムになると30から50名の女の子が待機している。

セクシーなドレスを身にまとっているが、衣装チェンジ後はYシャツにノーブラで登場するゾ。料金は部屋代とドリンク代で140万ルピア(約1万円)ほど。

店内にあるベッドルームで本番をする場合は別途100万ルピア(約7,500円)が必要だ。ちなみに持ち帰るとなると30万ルピア(約2,500円)が加算されるため、店内でセックスする方がお得だゾ。

基本情報
  • 店舗名:The Best(ザ ベスト)
  • 住所:Jl. Bulungan No.76, Kramat Pela, Kec. Kby. Baru, Kota Jakarta Selatan, Daerah Khusus Ibukota Jakarta 12130 インドネシア
  • 料金:本番含めて240万ルピア(約1.7万円)
MEMO
昔は「The one」という名でやっていたが、激しいサービスが理由で公安に目を付けられたため、店名を変えたらしい。といっても、名前を変えた前後でサービスの内容に変化はないように感じる。

六本木パパ

とにかくキレイな子と飲みたい、という人は六本木パパがオススメ。高級カラオケと呼ばれるだけあり、店内は清潔で女の子のレベルも高い。

部屋代は53万ルピア(約4,000円)ほど、ボトル1本で150万ルピア(約12,000円)ほどかかる。

ただ、六本木パパでは本番が期待できない。ベッドルームもなければ連れだしシステムもないため、過激なサービスを期待する人には不向きだろう。

女の子に囲まれながら、上品に飲みたいという人は足を運んでみると良いかもしれない。

基本情報
  • 店舗名:六本木パパ
  • 住所:Cazasuki, Lantai 4, Jl. Mahakam I No. 15, RT 01 / RW 06, Kramat Pela, Kebayoran Baru, RT.1/RW.6, Kramat Pela, Kec. Kby. Baru, Kota Jakarta Selatan, Daerah Khusus Ibukota Jakarta 12130 インドネシア
  • 料金:総額200万ルピア(約15,000円)以上
※コロナの影響かは不明だが臨時休業中だ(2021年9月現在)

イチャイチャと本番を楽しみたい人向け

インドネシア(ジャカルタ)のカラオケについて解説した。

ベッドルームが併設されていたり、裸ダンスを披露してくれたりする過激な店がある一方で、本番NGの上品な店もあるのが特徴だ。

質問や感想があれば、気軽にLINEで連絡してきてほしい。素敵な夜になることを祈っているゾ。アディオス!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)