【募集中】あなたの風俗体験談教えてください

【2022年版】済州島風俗の種類とは?場所や料金・遊び方を解説!

恵比寿フライデーナイト読者の諸君、こんにちは。いきなりだが、「韓国のハワイ」と呼ばれる「済州島(チェジュ島)」をご存じだろうか?

温暖な気候とキレイなビーチがあることから、国内外から観光客がやってくる人気のスポットだ。観光客が集まる場所には、必ずと行っていいほど風俗街が存在する。

そこで、今回は済州島にある風俗の種類を紹介していく。場所や料金、遊び方も紹介するため、ぜひ参考にしてほしい。

注目

2004年の一斉摘発により徐々に衰退していた済州島風俗。しかし、中国人観光客が増えたことで、近年の売春数は数倍に膨れ上がったらしい。

外国人向けの仲介業者も複数いるため、いま狙い目のスポットなのかもしれない。

済州島(チェジュ島)風俗の場所と種類とは?

済州島風俗は済州市と西帰浦市

済州島には大きくわけて2つの風俗スポットが存在する。1つは済州島の中心となる「済州(チェジュ)市」、そしてもう1つは済州島の南側に位置する「西帰浦(ソギポ)市」だ。

規模としてはどちらの風俗街も大差ないように感じる。強いて違いを言うならば、済州市のほうが若者向けの風俗が多いという点。よりディープな韓国風俗を楽しみたい人は、ソギポ市をおすすめする。

MEMO

済州市は新しく開発された「新済州」と、旧市街地の「旧済州」に分類される。「新済州」には旅行客用の宿泊施設が多いことから、風俗店も密集しているゾ。

済州市へは、済州島にある「済州国際空港」から車で10分。ホテルへ向かう場合は無料のシャトルバスが出ていることが多いため、そちらを利用しよう。

※済州国際空港から済州市までの経路

仮に出ていない場合でも、空港に停車しているタクシーが利用できるゾ。片道600円以下と安く、東南アジアのように詐欺られることもないため安心してほしい。

MEMO

済州島は地下鉄がないため、移動はすべて車が基本だ。有名な観光地ということもあり、いたるところでタクシーが走っているため、不便に感じることはないだろう。

済州国際空港からソギポ市へは、車で90分ほど。Googleマップでは2時間と記載されているが、実際はそれほどかからないゾ。

空港からでているシャトルバスを利用すれば、片道500円以下で連れて行ってくれる。

※済州国際空港からソギポ市への経路

MEMO

観光案内を行っているタクシー会社もあるのだが、そこのドライバー達は風俗情報に精通している。事前に日本語対応できるスタッフを予約しておくと、スムーズに済州島風俗を楽しめるゾ

済州島風俗の種類は4つ

済州島風俗の種類は大きく分けて4つ

  • エスコートアガシ
  • エロマッサージ
  • ナイトクラブ
  • デリヘル

それぞれの遊び方や料金を解説していく。

MEMO

済州島はカジノがあることで有名なのだが、そこで数百万のチップ交換を行えば質のいい性サービスが受けられるという。

ただ、2021年時点で8つのうち6つのカジノが閉鎖されていることに加え、実際に体験したという話も聞かない。噂でしかなく、実際に存在するのかは筆者も分からない。

済州島カジノでの性サービスについて知っている人がいれば、ぜひ公式LINEにて教えてほしい。

韓国の済州島風俗の種類・料金

済州島風俗の全種類比較一覧

カテゴリエスコートアガシエロマッサージナイトクラブデリヘル
総評★★★★★★★☆☆☆★★★☆☆★☆☆☆☆
料金

(ヤるまでに発生する料金)

5~10万円7,000円5,000円から2万円
本番の有無確実確実交渉次第確実
コメント料金は高いが、1度経験してみる価値ありマッサージ要素は少なめ素人を相手にしたい人向け手軽にヤりたい人向け

 

エスコートアガシ

韓国風俗定番の「エスコートアガシ」は、済州島でも楽しめる。エスコートアガシとは、デートつきの高級デリヘルのこと。

好みの女の子と夕方から翌朝まで一緒にいられ、本番も楽しめるという人気の遊びだ。詳しい流れは以下のとおり。

  1. 事前にサイトで予約しておく(日本語対応あり)
  2. 現地へ到着後、担当者に連絡をいれる
  3. 空港またはホテルへと迎えに来てもらう
  4. 女の子達の元へと向かい、好みの子を選ぶ
  5. そのままデートへ
  6. ホテルへ戻って本番
  7. 翌朝に解散(延長あり)

料金は5~10万円と高額だが、リピートしている人も多い。日本人専用の風俗であるため、日本語を話せる子が多いのが特徴だ。

コースは5万・7万・10万で分かれており、それぞれ女の子の容姿や日本語能力に差がある。恋人気分を味わえるのはもちろん、観光案内も行ってくれるため心強いだろう。

詳細
  • 場所:済州市内ならどこでもOK
  • 料金:5万から10万円+食事代や交通費
  • 内容:デートと本番、お泊まりを楽しめる

ソウルや釜山では一緒に食事・ショッピングを楽しむのが一般的だが、済州島では少々異なる。リゾート地なだけあり、マリンスポーツゴルフが定番のデートコースとなっているゾ。

詳細を知りたい人は、エスコートアガシの遊び方やおすすめサイトをまとめた記事を参考にしてほしい。

韓国(ソウル)のエスコートアガシおすすめサイト5選!デートスポットも紹介

エロマッサージ

エロマッサージはホテル周辺に店を構えている。済州市・ソギポ市どちらにもあるため、ホテル近くにある繁華街を練り歩いてみてほしい。夜10時以降に置屋のようなピンクのライトが光っていれば、そこはエロマッサージ店だ。

筆者が利用したのは「メゾングラッド済州」というホテルだったが、近くの路地にはこじんまりとしたマッサージ店がいくつかあったゾ。料金は20分で7,000円だ。

低価格で本番ができる遊びだが、ソウルにある按摩と比べるとやはり劣る。按摩について知りたい人は、按摩店の場所や料金、遊び方をまとめた記事を参考にしてほしい。

韓国(ソウル)の按摩おすすめ3選!場所・行き方や料金も徹底解説
詳細
  • 場所:ホテル周辺
  • 料金:7,000円
  • 内容:手コキ・本番
注意

エロマッサージとは名ばかりで、実際はすぐに性行為が始まる。時間も20分と短く、マッサージを受けている暇はないことを覚えておいてほしい。

ナイトクラブ

済州市には有名なナイトクラブが複数ある。なかでも、新済州にある「ドム ナイトクラブ」は400以上の席に、30以上のVIPルームを備えた大きなナイトクラブだ。

ステージの前にいくつものテーブルが並んでおり、際どいショーを楽しみながら酒が飲める。料金はビール3本に果物がついて5,000円以下

詳しい遊び方を紹介するゾ。

  1. 入店
  2. ボーイが席へと案内
  3. 5,000円の基本セットを注文(※必須)
  4. 気になるメニューがあれば追加注文
  5. お酒やパフォーマンスを楽しむ
  6. 会計
MEMO

クラブ内には「ブキン」と呼ばれるシステムがあり、ボーイが男性グループと女性グループをマッチングさせてくれる。日本の相席居酒屋のようなイメージだ。

ほかの風俗のようにプロによる性サービスは受けられないが、上手く行けば素人の女の子をお持ち帰りできるゾ。

詳細
  • 場所:済州市ヨンドン10ギル
  • 料金:5,000円から
  • 内容:ショーを見ながらお酒を楽しむ

デリヘル

済州市内のホテルではデリヘルを呼ぶことができる。詳しい遊び方は以下のとおり。

  1. 専用サイトを見ながら電話で予約(日本語対応)
  2. 予約時に部屋番号や好みを伝える
  3. 30分から2時間ほどで女の子が到着
  4. 本番

大体の流れは日本のデリヘルと変わりない。ただ、デリヘルを呼ぶくらいならエスコートアガシの方がおすすめだ。

というのも、済州島のデリヘルは女の子のサービスが悪いことで有名。エスコートアガシはまるで彼女のようなサービスをしてくれるが、デリヘルはそうはいかない。

キスや男側からのお触りはNGで、本番も機械的なため楽しめないだろう。

詳細
  • 場所:済州市
  • 料金:2万円・延長5,000円/30分
  • 内容:女の子をホテルに呼んで本番

確実に本番ができる風俗は少ない

やはりソウルと比べると風俗の種類が少なく、本番ができない遊びも見られる。それなりのサービスを受けたい人はエスコートアガシ一択だろう。

済州島風俗についての質問は、公式LINEにて受け付けている。素敵な夜になることを祈っているゾ。アディオス!

1 COMMENT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)