【2022年】タイ(バンコク)のゴーゴーバーおすすめ3選!場所や料金も

恵比寿フライデーナイト読者の諸君、こんにちは。今回はタイ(バンコク)のゴーゴーバーについて解説していく。

タイといえば海外初心者にも人気の風俗大国で、KTVや援交カフェなど、さまざまな遊びが存在する。なかでも人気なのが「ゴーゴーバー」だ。

この記事ではゴーゴーバーの場所や料金、遊び方まで徹底解説していくゾ。おすすめ3選も紹介するため、ぜひ参考にしてほしい。

まだタイ(バンコク)の風俗について詳しくない読者は「【2022年9月】タイ(バンコク)風俗の種類・料金・遊び方まで徹底調査!」の記事を読んだから戻ってきて欲しい。

タイ(バンコク)のゴーゴーバーとは?

「ゴーゴーバー」とは連れだしキャバクラのこと

「ゴーゴーバー」とは日本でいう連れだしキャバクラのこと。店内では女の子とお酒や音楽を楽しめ、気に入った子を持ち帰れるシステムだ。

ただ、店内の様子はキャバクラよりもクラブに近い。中心にはお立ち台があり、ビキニを着た女の子たちが踊っているゾ。

大音量で流れる音楽にあわせ、薄着の女の子たちが腰を揺らしている様子はかなり扇情的だ。詳しい遊び方は以下のとおり。

  1. 入店
  2. 席に案内
  3. お酒を注文
  4. 女の子のダンスを眺める
  5. 気に入った子を指名
  6. 女の子のドリンクを注文
  7. 持ち帰り交渉
  8. 近くのホテルへ

女の子へのドリンクは必須ではないが、奢ってあげたほうが女の子の機嫌もよくなる。ドリンク代は店によって異なるが、500~1,000円ほどが相場だ。

店内の雰囲気が気になる方は、以下のYouTube動画がおすすめ。たまたま見つけた動画だが、基本的に店内は撮影NGであるため注意してほしい。

「ゴーゴーバー」の料金は1万円から

ゴーゴーバーで女の子を持ち帰る場合、相場は1万円からとなっている。必要になるのは以下の4つを合わせた金額だ。

  • 自分のドリンク代…100バーツ(約380円)から
  • 女の子のドリンク代…150バーツ(約560円)から
  • ベイパー代…700バーツ(約2,600円)から
  • チップ代…2,500バーツ(約9,300円)から

上記は最低金額であるため、店や女の子のランクによって異なるゾ。また、女の子を持ち帰らない場合はベイパー代とチップ代が不要になるため、数千円で楽しめるだろう。

タイ(バンコク)のゴーゴーバーの場所

タイ(バンコク)のゴーゴーバーは主に4つのエリアに分かれている。それぞれ特徴があるため、どのように遊びたいかを考えてから選んでほしい。

ナナプラザ

こんな人におすすめ
  • タイ風俗初心者
  • ゴーゴーバーに不慣れな人
  • たくさんの店を見て回りたい人

ナナプラザ」はナナ駅周辺にある大きな歓楽街だ。「世界最大の大人の遊び場」と謳っているだけあり、約30店舗ほどの店が並んでいる。

持ち帰りに積極的な子が多く、着席してすぐに「ホテル?」と聞いてくる。ほかのエリアと比べて持ち帰りやすいため、風俗初心者にもおすすめだろう。

そんなナナプラザは、スワンナプーム空港から電車で1時間ほど。空港からバンコク市内を結ぶ「ARL(エアポート・レール・リンク)」を使うと便利だゾ。

※空港からナナプラザまでの経路

MEMO
ナナプラザは観光客向けに営業しているため、タイ人は基本入れない。道には際どい格好をした女の子が溢れており、アジア系やヨーロッパ系の男性が鼻の下を伸ばしながら闊歩しているゾ。

ソイカウボーイ

こんな人におすすめ
  • タイ風俗初心者
  • 持ち帰りにこだわりはない人
  • たくさんの店を見て回りたい人

ソイカウボーイは、ナナプラザと同程度の規模をもつゴーゴーバーの密集エリアだ。200メートルほどの道に約40店のゴーゴーバーが並んでおり、観光客や地元住民で賑わっている。

ただ、ナナプラザと違い、持ち帰りができない店もチラホラ見られる。過激なサービスを楽しみつつ、お酒をメインで利用したい人にもおすすめだ。

そんなソイカウボーイは、スワンナプーム空港からARLで1時間ほどの場所に位置するゾ。

※空港からソイカウボーイまでの経路

スティサン

こんな人におすすめ
  • ローカルな雰囲気を楽しみたい人
  • 持ち帰れなくてもOKな人
  • 安く済ませたい人

スティサンは知る人ぞ知るスポットだ。ナナプラザやソイカウボーイと違い、現地の人々が多く利用する。

また、本番目的ではなく女の子とワイワイしたい人達が集まるため、日本のキャバクラのような遊び方がメインだ。

風俗の色が薄いぶん料金も安いため、気軽に飲みたい人におすすめだろう。そんなスティサンは、スワンナプーム空港からARLで1時間10分ほどの場所に位置するゾ。

※空港からスティサンまでの経路

パッポン


こんな人におすすめ
  • ゆっくりと飲みたい人
  • レディーボーイに興味がある人

パッポンはバンコクの「三大歓楽街」の1つに数えられるエリアだ。訪れた感想としては、女の子のノリもよく、ギャル系からキレイ系までそろっていた。

ほかのエリアと異なるのは、レディーボーイの多さだ。レディーボーイとは元が男性だった人のことを指し、パッポンにはレディーボーイ専門店も存在する。

そんなパッポンは、スワンナプーム空港からARLで1時間10分ほどの場所に位置するゾ。

※空港からパッポンまでの経路

MEMO
タイのレディーボーイは、元が男性だと気づかないほどに美しい。実は筆者も、レディーボーイを持ち帰った経験がある。

しかし、脱がせた後に意欲がそがれてしまったため、いつかリベンジを狙っている…。

タイ(バンコク)でおすすめのゴーゴーバー3選

BACCARA(バカラ)

BACCARA(バカラ)」はソイカウボーイにあるゴーゴーバーだ。3階建ての大きな店内にはステージが併設されており、そこではなんとノーパンの女の子たちが踊っている。

在籍している子は70名以上と多く、なかには日本語や英語を話せる子もいるゾ。ちなみに、客の半数ほどが日本人となっている。

過激さを求める人はもちろん、ゴーゴーバー初心者にとっても遊びやすい店だろう。

店舗情報
  • 店舗名:BACCARA(バカラ)
  • 住所:Khlong Toei Nuea, ワッタナー区 バンコク 10110 タイ
  • 料金:総額3,920バーツ(約1.5万円)から
  • 営業時間:-
  • 対応言語:タイ語・日本語・英語

RAINBOW2(レインボー2)

RAINBOW2(レインボー2)」はナナプラザにあるゴーゴーバーだ。「BACCARA(バカラ)」同様に日本人客からの支持が大きく、女の子のレベルも高い。

衣装の過激さや持ち帰りやすさは他店と変わらないが、女の子のノリのよさはイマイチだった。大人しい子が多いため、ガツガツした雰囲気が苦手な人におすすめだ。

店舗情報
  • 店舗名:RAINBOW2(レインボー)
  • 住所:3, 1 Sukhumvit Rd, Khlong Tan, Khlong Toei, Bangkok 10110 タイ
  • 料金:4050バーツ(約1.5万円)から
  • 営業時間:19:00~翌3:00
  • 対応言語:タイ語・英語

※コロナの影響で臨時休業中だったが、2022年9月末に再開していたゾ。ただ、日本人客しかおらず、過疎化している印象

Black Pagoda(ブラックパゴダ)

Black Pagoda(ブラックパゴダ)」はパッポンにあるゴーゴーバーだ。他店のような座席はなく、なかにはソファが並んでいる。

さらには女の子が踊るステージも設置されておらず、目の前で踊ってもらったり膝に座らせたりできるゾ。

もちろん本番もOK。店内に専用のヤリ部屋が設置されており、興奮を冷ますことなく楽しめるゾ。

店舗情報
  • 店舗名:Black Pagoda(ブラックパゴダ)
  • 住所:Patpong 2 Alley, Surawong Rd, Suriya Wong, Bang Rak, Bangkok 10500 タイ
  • 料金:4050バーツ(約1.5万円)前後
  • 営業時間:19:00~翌3:00
  • 対応言語:タイ語

タイのゴーゴーバーは初心者にもおすすめ

今回はタイ(バンコク)のゴーゴーバーについて解説した。大きく分けて4つのエリアがあるものの、それぞれ特徴が異なるため自分にあったエリアを見つけてほしい。

初心者でどこがいいのか分からない人は、ひとまずナナプラザに行けば間違いないだろう。素敵な夜になることを祈っているゾ。アディオス!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)