アナルセックスって気持ちいいの?はまっちゃう秘密大公開!

アナルセックスって気持ちいい?

アナルセックスは男性であれば一度はAVで見たことがある人も多いのではないでしょうか?そして、アナルセックスに対して憧れを抱いている人も少なくありません。

名前の通り、膣の代わりに肛門にペニスを挿れて楽しむプレイの一つですが、アナルセックスに対するイメージっていかがでしょうか?どんなイメージを持っていますか?

男性からすれば気持ち良いのではないかという印象を持っている人も多いでしょう。膣よりも締め付けが強いイメージを持っている人もいるはずです。

女性からするとどうでしょうか?ここではそんな女性のイメージも併せて紹介しながらアナルセックスについて紐解いていきますね。

実際は痛そう…

冒頭でも説明しましたが、男性の場合はあまり痛みに関する想像をする人は少ないでしょう。なぜなら基本的に挿入する側だからです。

逆に、入れる側だからこそ入れられることを想像するとまだ感じてもいない痛みに顔をゆがめる人もいるかもしれません。

そして、女性や一部の男性は挿れられることを想像しますよね。すると「出て行くところから入れているので、実際はものすごく痛そう」と想像する人が多いんです。 当然と言えば当然ですね。

実際想像の通りで、本来排便を行うだけの器官ですので排便を行う際に収縮するようになっています。つまり、本来外側から入れるために弛緩する膣とは構造そのものが違います。

直腸カメラやを挿れたことがある人であればわかると思いますが、小指程度の太さのあのチューブでさえ痛みを伴う人がいるのです。なので、経験している人ほどアナルセックスは遠ざけがちでしょう。

ペニスなんて比べ物にならないくらい大きいですよね、つまりいきなり行うと痛みを伴う人が大多数です。ですので、アナルセックスをおこないたいならまずゆっくりと開発していく必要があります。

慣れると最高に気持ちいい?!

アナルを解きほぐしているとだんだんと慣れてきて、快感を感じるようになります。こうなってくるともう声を出さずにはいられないほどの快感を得ることができるんです。

女性も男性もアナルには前立腺があり、快感を感じる神経があると言われています。その気持ち良さといえば痺れるほどの快感が腰から上がってくるようなイメージともいわれているため、アナルセックスにハマる人が多いんです。

また、アナルは男性にも女性にもついているので女性が責めたい時にも使用することができますし、両方が楽しむことができるセックス方法とも言えます。

開発さえできればあとは快楽に任せて腰を振るだけ…開発までに時間がかかったとしてもアナルセックスを楽しみたいというのはこの快感があるからではないかと言われています。

アナルセックスは男性も女性も気持ちいい?


アナルセックスの話をしていると「普通のセックスでよくない?」て意見は必ず出るものです。「あえて開発する必要もないじゃん」というのもよくある話ですが、ここでは男性女性に分けてアナルセックスのメリットを紹介します。

「慣れれば気持ちいいんだったらやってみたいかも…!」と思えるようなメリットばかりなので参考にして下さいね。

男性が気持ちいい理由

まず、男性が気持ちいい理由から紹介します。男性が挿入側である場合やはり膣よりも締め付けが強いと感じるはずです。

膣はよほどの名器でない限り基本的にはぬるぬるの穴の中にペニスを挿れているのと同じですが、アナルは違います。そもそもがしまっている構造なので挿れた瞬間から締め付けられるはずです。

そして、男性側は挿れる側だけでなく挿れられる側になることもできます。Mっ家のある男性もいると思いますが、膣はついていませんよね。そんな時使いたいのがアナルです。

ドライオーガズム(射精を伴わない快感)できる前立腺の刺激も行えますし、普通のセックスにマンネリを感じる人にもおすすめです。

男性同士で使えるのはもちろんですが、女王気質のある女性に責められたい…そんな人も楽しめるのが男性のアナルセックスのメリットです。

女性が気持ちいい理由

続いて、女性がアナルセックスするときに気持ちいい理由ですが、女性もアナルには前立腺が存在し、神経が密集しているため快感を感じることができるんです。

また、女性は月に1度基本的には生理が訪れます。その時はさすがに膣を使ったセックスはできませんよね。そんな時でも血の匂いさえクリアできる男性であればアナルでセックスすることができるんです!

むしろ、生理中の女性はセックスしたくて悶々としている人が多いですよね。でもできないもどかしさ…それを解消するためにはやはりアナルセックスしかありません。

しかも開発されちゃえば痛みはありませんので、突かれるたびに艶っぽい声が勝手に漏れちゃうこと間違いなしです。

また、色んなプレイを愉しみたい人にもおすすめです。アナルを開発することができれば、アナルはおもちゃで責めて、膣はペニスで責めてもらうなんて夢のようなプレイもできるんです。

2つの穴を同時に責められる感覚といえばそれはもう…。びっくりするぐらい気持ちいいですし、1度はまったら抜けられないぐらい気持ちいいと思います。そんな快感を感じたければぜひアナルを開発してみて下さいね。

アナルセックスのやり方


気持ちよすぎることがわかったら、いよいよアナルセックスのやり方です。やり方によっては激しい痛みを伴ったり、切れ痔になってしまうリスクがあります。 
 
開発するまでの方法を紹介するので参考にしてくださいね。楽しいアナルセックスをするためには絶対に必要ですし、それが初めての場合ならなおさらです。

むしろ、このステップがわかっていないと男性でも女性でも2度とアナルセックスはしたくないと思われちゃうので注意して下さいね。

ローションなどでたっぷり濡らす

まずは、ローションなどの潤滑剤でたっぷりとアナルを濡らしましょう。むしろ「濡れすぎ」くらいが痛みがなくてちょうど良いです。

また、舐めることなどに抵抗がない人であれば行為の最中(フェラやクンニ中)にアナルを舐めてあげるのもおすすめです。ひくついているアナルは興奮材料以外の何者でもありませんし、舐められると羞恥からさらに快感が増します。

十分に濡らすことができたら次のステップに進みましょう。ここは最大のポイントになるので絶対に覚えて下さい「つけすぎくらいでアナルを濡らす」これが大切です。

指を一本挿入する

しっかり濡れてほぐれたように感じたら、まずは指一本をいれてみましょう。もちろん、一本をゆっくりと挿入してください。

入れるときのポイントは、アナルがひくついているかということも大切です。性的興奮を感じてくると女性の場合は腰が揺れてくると思いますが、その時はアナルもひくついてくるはずです。

そのポイントを見逃さないようにしつつ指をゆっくり入れて下さいね。このとき、アナルをしっかり濡らしたとしても指をたっぷりと濡らして下さい。

そして、挿入してもすぐに指を動かすのはNGです。まずは相手が慣れるまで挿れっぱなしにして、落ち着いてきたらじっくりと動かしてあげましょう。相手から自然と声が漏れてしまうはずです。

また、指を入れるときはできればゴム手袋などをしておくのがおすすめです。できれば手でしてあげたいひともいるでしょう。ですが、アナルにはどうしても雑菌がいるので注意が必要なんです。

特に手マンの後に指などを舐める癖がある人や、触った指でペニスを触ってしまうとデリケートなペニスから雑菌が入ってしまうんです。

「失礼じゃないの?」と思ってしまうかもしれませんが、雑菌が入って炎症を起こしてしまうのは悲しいですよね。ですので、できればゴム手袋をしましょう。

慣れたら増やす

挿入してピストンしてくるうちに、気持ちよさから声が漏れる人がほとんどですが、この声が聞こえてきたら指の本数を増やしてみましょう。

まずは、2本にしてちょっとずつ挿入し動かさないようにします。ほぐれてきたらピストンさせて慣れたら3本に増やします。

あくまで優しく刺激してあげてください。ゆるゆると刺激していても痛くなければもう一度指を増やしてみてください。

挿入時には必ずローションなどの潤滑剤をプラスしてください。また、挿入時に痛みを感じるのであれば無理に増やすのはNGです。

むしろ痛がる場合にはまだ指を増やすタイミングではなかったということですので、潤滑剤を追加しつつアナルを刺激して下さい。

ほぐれてきたらいよいよ挿入

最終的には4本程度の指が入り相手が喘いでいるのが理想です。声が漏れるほど気持ちよがっている場合は一度指を抜いてペニスなりおもちゃなりを挿入してみてください。

この時、ペニスやおもちゃが濡れていない場合痛みを伴う場合がありますので、必ずぬるぬるにして滑りをよくしてから挿入するようにしましょう。

そして、ある程度であれば濡れるものの、膣のように愛液が溢れて溢れてとまらないということはありません。ですので、挿入するときにはローションなどの潤滑剤を使用しましょうね。

渇きが気になるようになる度に使ってあげるのがおすすめです。むしろ、痛くないアナルセックスのためには潤滑は必至!また、ローションはほんのり温かくしておくとより気持ちよいですよ。

また、性器に触れると熱間を感じるタイプのローションの販売も行われていますので、女性が興奮するように熱間タイプのローションを使用するのもおすすめです。

アナルセックスの時に注意したいこと


最後に、アナルセックスをする上で注意しておきたいことをいくつか詳記するので、参考にしてください。 

アナルセックス前は浣腸しよう

アナルは肛門なので、アナルセックスに誘われたらまずは浣腸したい旨を伝えましょう。また、どうしても浣腸できない場合は最期までしっかりと我慢しましょう。

途中で便をしてしまってはせっかくのムードが台無しです。アナルに直接刺激があたるのと快感とで緩んでしまいそうと心配な場合は絶対に浣腸しておきましょう。

入れてもすぐ動かない

続いて、アナルに挿入する時の話ですが、いくらアナル内をほぐしたとしても挿入する時は絶対にゆっくりと動かしましょう。

むしろ、ペニスを挿れても絶対にすぐ動かしてはいけません。ペニスは指よりも圧倒的に太いですしアナル内での存在感はものすごいものです。

ですので、挿れたらまずは相手の様子を伺いましょう。ぴったりとフィットしてペニスが気持ちいいのはわかりますが、激しくすると痛みを生じますので、楽しいセックスのためにまずは我慢してください。

コンドームは必ず着用

アナルは便を排出するところです。つまり、気持ちよかったとしても雑菌が多いのも現状です。ですので、アナルセックスをする時は必ずコンドームを着用するようにしましょう。

でないと、挿入しているペニスに雑菌が付着し痛みなどを伴う場合もあります。場合によっては手術などが必要になる可能性さえあります。

ですので、ペニスを挿入するときは必ずコンドームを、指を挿入するときは手袋などを着用しましょう。

抜くときも必ずゆっくりと

挿入する時も気を使う必要がありますが、抜く時も同じです。いきなり抜いてしまうとびっくりさせてしまいますし。

擦れて痛い可能性もあるので、必ずゆっくりと抜きましょう。抜きにくいと感じたらローションなどを併用しながらゆっくりと抜いてあげて下さいね。

アナルセックスを覚えてマンネリを打破


アナルセックスの方法を紹介してみましたがいかがでしたか?慣れれば超気持ちいいセックスの方法であることがわかりましたよね。

ただ、アナルセックスは通常のセックスよりもしなくてはいけない工程が多いかも知れませんし、慣れない人は慣れないので、無理に続けるのはNGです。

楽しくなくなってしまうだけでなく、普通のセックスでさえもしたくないと思われてしまうかも知れません。

楽しいセックスライフのためにも、アナルセックスを行うときは必ずゆっくりおこなってください。そして、絶対に覚えておきたいキーワードは「潤滑剤」です。

滑りがないとただ痛いだけのセックスになってしまうので注意してくださいね。色んな楽しみ方が増えるアナルセックス。マンネリ打破にもおすすめですよ。

秘密コミュニティ爆誕

恵比寿フライデーナイト秘密サークル爆誕

リアルタイムで情報を発信する秘密コミュニティ恵比寿フライデーナイトLINE @が爆誕した。

LINE限定で生中継はもちろんリアルタイムで情報を発信していたり、質問も受け付けている。

もちろん無料なので性を通して生を感じたい読者の諸君、登録待ってるゾ!

友だち追加

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

e_fridaynight