海外風俗

潜入レポ!台湾風俗デリヘル141を体験!値段や遊び方まで【写真有】


フライデーナイト読者の諸君いかがお過ごしだろうか。これからゴールデンウィークで台湾に行こうと思っている読者も多いのではないだろうか。そんな読者も、いつも読んでくれている読者も今回は楽しめるのではないだろうか。一足先にフライデーナイトは台湾に潜入しレポをお届けする。

今回は初の台湾デリヘル(141)に挑戦

今までキャバクラ(KTV)やピンポンマンション、サウナまで数多くレポしてきたフライデーナイトだが、今回はいい噂を聞いたことがない台湾デリヘルを呼んでみることに。

どうやら調べてみると、ピンポンマンションを斡旋しているアカウントからもいけるみたいなので今回もそこ経由で連絡してみた。
※こちらの様子もLINE@でレポさせて頂いた。是非読者の諸君も登録してみてほしい。

連絡先
LINE ID:@pinpon
ホームページ
https://ja.nightlife141.net/
予算:5000元〜12000元
ポン引きに捕まった読者からババアに大金を払った報告が上がってきている。気をつけてほしい。

デリヘルの呼び方

基本的にな流れは
LINEを追加→女の子を選ぶ→場所を伝える→到着→お金渡す→本番する→まったりタイム→バイバイ
になる。

読者から終わったらすぐ女の子は帰るのか?という質問を受けた。ここは予想だが、帰る子もいれば帰らない子もいるだろう。
基本的には日本のデリとの遊びともほぼ一緒と思って構わない。日本だと電話がメインだがそれがLINEに。本番ナシがアリに変わっただけだ。


※フライデーナイトでは当たり前になってきた実況レポとのやり取り。

LINEを追加して連絡。(事前予約可能)

今回は出張ということで前乗りで台湾時間1時に到着するフライトで行っている。事前に連絡したところ最終受付はデリヘルの場合2時まで行なっているらしく、事前に予約することは可能とのこと。

ここまでは日本のデリと同じ。ただ面白いのはやりとりの最中にも本番ありと明言してしまうところだ。


※つきすぎもせず、離れ過ぎもせず良くも悪くもしない対応に安心感を覚える

国が違えば遊び方が異なるように、今まで数多くの遊べる場所に行ってきた筆者からすると当たり前の感覚になってきていたが、初めて行く読者にはお驚きだろう。

以前サウナの記事で病気が怖いというコメントがあり、今まで数々の国に行ってきた筆者だがゴムは必ず使用した。結果一度も病気になったことはない。攻めと守りのバランスは重要だ。

LINEから女の子を選ぶ


※新人を押してきているところから、新人の方が楽しめることを予想。スレていない子が多いということだろうか。

日本人らしきスタッフからオススメの女の子がここぞとばかりに送られてくる。どうやら金額は5000元〜12000元で金額によって女の子の質が変わるらしい。

しかし、サイトを見ても確かに可愛いし綺麗なのだが、どうにも怪しい思いは捨てきれない。出勤しているといいつつも更新されるか怪しいサイト。


※サイトから伝わってくる画像の圧倒的怪しさ。

他の記事でとても可愛いと言って写真が貼ってあったが、控えめに言って可愛くないような写真だったのでここで不安が最高潮に。

しかしここで怯んではいけない。性を通じて生を感じる読者の諸君のためにもヤるしかないと決意。

ここは日本で培った質問方法で任せてみる。
(ただし個人差があるためこの方法を取るのがベストかどうかは検討の余地あり)


※日本も海外もオススメを絞って聞くのはハズレを引かないための鉄板だ。
※2.但し特徴を言わずに「オススメで」は逆にハズレを引く可能性が高いので気をつけよう。

ここではオススメは8000−10000元ということらしい。が、今後フライデーナイトの読者が大金を払って失敗したなんてことがないように、まずは筆者が痛手を負う10000元を宣言。10000元で遊べるオススメの子を聞いてみた。

ここはさすがといったところで何も言わずとも綺麗系、可愛い系、中間の3タイプが提案してくれた。


※可愛い写真と裏腹に本当にこの子たちがくるのかという不安に駆られる。

この時のワクワク感とドキドキ感同時に不安になる気持ちはフライデーナイト読者の諸君なら一度は体験したことがあるのではないだろうか。これぞ海外ナイトライフの醍醐味と言えるだろう。

最近はアプリやらスマホの技術の進化で容易に盛ることができてしまう。よって画像だけだと不安になるのは当たり前だ。

何回でもチェンジできる。気後れしない気持ちを強く持とう。
言うは一時の勇気、言わぬは一生の後悔。

国内でも書いてはいないが潜入レポをよくしている筆者からすると、スレていない若い子と今まで盛り上がる傾向にあった。よって、今回も18歳と若く可愛い系の今日から始めたらしい新人をチョイス。

果たしてどのくらい可愛いのだろうか。(ここまで書いている時点ではまだ日本にいる。)

遊ぶ場所を指定(今回はホテルへデリバリー)

今回は着いたばかりでそのまま遊べるように2時30分にホテルを指定した。チェックインし部屋番号が分かり次第伝える。

空港に着いていたのが夜中の12時30分にも関わらずタクシーの運転手が何を間違えたか淡水という台北から車で30分ほどの郊外まで連れて行かれてしまった。2時30分約束に遅れること20分、プレイ時間は変わらないということだったが慌ててホテルにチェックインをした。

休憩可能ないわゆるラブホ的なのもあるので利用するのもいいかもしれない。
金額は1時間あたり800元ほどで入る事ができる。

肝心の女の子は台湾夜遊びの中でダントツNo.1


※18歳という年齢をリアルに感じる下着。まだところどころにあどけなさを感じる。

今回はデリなので、日本のデリと基本は全く遊び方は同じ。ホテルにチェックインして待つこと5分。待たせたということもありすぐに女の子は到着

息つく間もなくホテルの受付から電話が鳴り到着の合図を受ける。予約をしていたからか、時間にとても正確で信用における印象。

海外ナイトライフ初心者の諸君はもしかしたら普通のホテルに女の子を読んでも大丈夫なの?と心配になる読者もいるかもしれない。結論から言えば問題ない。以下心配になっていると思われるQandAだ。
1.部屋は1名分でも問題ない
2.周りの人には見られず直接部屋まで来てくれるので問題ない
3.チェンジは何回でも可能。自分の好みじゃなければチェンジする勇気を持とう(一番大事)
これさえあれば問題ない。


※心配しつつ安堵の表情を見せるLINEでのやり取り

肝心の女の子とのご対面は正直驚いた。写真より本物の方が圧倒的に可愛い。どこぞのアイドルにいると言われても余裕で分からない。


※最初のシャワーを終えたところをパシャり。スタイル良し。サービス良し。

プレイ内容は新人ということもあって緊張が伝わってくる。ただ、圧倒的に可愛いが故にどんな遊びも全てはスパイスになるというもの。それもまた遊びの材料に。


※持ち物からも若さを感じる。


※コトが終わりシャワーへ行く背中。幼さの中に色っぽさが見えた瞬間。

値段で見たら10000元と少し日和ってしまいそうな価格だが、日本で遊ぶのとはまた違った刺激があることは筆者が保証したい。絶対にハズしたくない読者や、せっかくの休み奮発して思いっきり遊びたい読者にはぴったりの遊び方だ。

遊ぶときに必ず見ておくべき内容

今回想像以上に可愛かったのだが、実はイメージと違った点も0ではなかった。ここまで見た方法で進めても、まだ可愛くなかったという読者も出てきそうな気がする。というのも事前にもらっていた情報とは異なる内容が書いているからだ。

但し、自分の好きなタイプがいる確率を上げることは出来るはず。そんなちょっとした質問やオーダーの仕方がで自分好みの最高の女性が来る確率が上がるテクニックをお伝えしたい。

1.写真はあくまでも目安と心掛けよう。
2.断る勇気を持とう。何回チェンジしても一銭もお金はかからない。
3.好みのタイプを伝えた上で、オススメを伝えてもらう。
※ここで全てピンポイントでいくのは現実的ではない。自分が優先している2つを伝えよう
(例:新人(ウブ)でスタイルがいい子,スタイルよくて可愛い子など。)
4.胸のサイズと身長は盛っている可能性が高い。
※現に筆者の子も盛っていた。しかしそれがいい方に転んでいたためむしろ最高だった。
(しかし、そこに期待をしすぎると外れる可能性がある。お店の人に確認を取ろう。

まったりタイム

コトが終わりまったりタイムで話していたのだが、どうやら台北出身とのこと。画像は修正しているよと笑いながら教えてくれた。Cカップと書いていたが、実際はBしかないらしい。ここは日本も同じ。

この辺はフライデーナイト読者の諸君ならいつものことかと流すようになったのではないだろうか。可愛い子はだいたい台北出身の法則がありそうだ。

身体も大変よくこんな子が彼女だったら他に何もいらないと思うほど最高だった。

ありがとう台湾、ありがとう台北。フライトを1日早めてレポした甲斐があった1日だった。


※笑顔になると可愛い顔がさらに可愛くなる姿に時間が経つのを忘れる。


※最後に仲良くなって撮影に成功。

終わった後にコンビニに行って晩御飯を買っていた時、瓜二つの子をコンビニで見かけた。

※どうやら少女時代というアイドルの1人みたいだ。

最後に

ピンポンマンションやサウナ・キャバクラなど遊んできたが、値段もそしてそれに比例した女の子の質も圧倒的に高い遊びだった。しかし、値段を払うだけのレベルがある遊びとも言える。

当たり前のことを言ってしまい身もふたもないが、台湾夜遊びは金額の分だけクオリティは比例することを確信した。何を台湾ナイトライフに求めるかによって遊ぶ場所が変わってくると言えるだろう。

そんなわかりやすいまとめ記事も書けたらと考えている。


※夜風に打たれながら何とも言えない達成感を胸に物思いに耽る午前4時。

兎にも角にも明日も別の夜遊びスポットに潜入しレポするのでお楽しみに。

アディオス!

2019年4月19日追記

読者の諸君からも情報が入った。遊び方があるらしく、今回以外での遊び方も紹介したい。

時間延長で遊ぶ

どうやら3時間で入ると1時間無料延長がついてくるらしく、そこで本番3回をヤるとのこと。

ただ1時間で入ってよかったら延長して遊ぶことも出来るらしいので、お気に入りの子がいない場合や初めての場合は1時間で入り延長していったほうがオススメとのこと。(そうすることでチェンジしにくくなることを防げる。)

3Pプレイを堪能する

これはまた凄い。日本だとなかなかできないプレイだがどうやら台湾女性は3Pに関しては抵抗が無く遊べる環境が整っているとのこと。オプション無料なので女の子2人分の料金を支払えば遊べるという。4Pが出来るかまでは不明だが、こういった遊び方もありなのだろう。

他にもこんな遊び方をしている。こんな遊び方がオススメだなど情報があればLINE@でもコメントでもしていってほしい。また随時情報が入り次第更新していく予定だ。

ABOUT ME
KENTA
KENTA
東南アジアを中心に海外風俗と出会い系アプリとスラム街をこよなく愛する東京在住のKENTA。 今までに韓国、台湾、ベトナム、フィリピン、タイ、香港などに訪れてはスラム街から風俗など、時間を見つけてはディープスポットを中心に調査をしている。 最近の悩みはハゲてきたこと。

POSTED COMMENT

  1. アバター ゆう より:

    普段はススキノで活動してる42歳です
    6月下旬頃台北に行く予定なので参考にして楽しむ予定です。
    自分の体験も皆さんに伝えたくコミニティも興味があるのでよろしくお願いします。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です