台湾キャバクラ(KTV)へ潜入!値段や遊び方からオススメのお店まとめ


※必死の思いで場を盛り上げごまかしながら盗撮。某KTVにて。

情報を制するものは性を制する。恵比寿フライデーナイト読者の諸君は痛感していることだろう。

もはや台湾風俗をマスターしたといっても過言ではないフライデーナイトだが、今回は台湾キャバクラ通称KTVに潜入して見た。

台湾風俗といえば、ピンポンマンション(141)やポン引き、サウナなど有名だが一線を画す遊び台湾キャバクラ(KTV)がある。

ネット上にはやっている店もあれば潰れた店もあるらしく、実際にどこがやっていて、どこがやっていないのか。オススメの場所はどこなのか。料金形態はどうなっているのか。ボッタクリなどあるのかどうか。綺麗なこや可愛い子はどこにいるのか。など1ユーザーでもある筆者が色々な台湾キャバクラ(KTV)に潜入したので、是非参考にして欲しい。

台湾風俗を一通り遊んだからこそ分かった台湾キャバクラ(KTV)に向いている人や向いていない人なども書いていく。

台湾キャバクラ(KTV)とは持ち帰りOKなキャバクラ


※席に着いた瞬間にすかさず店員の目をかいくぐりながら撮影に成功。日本のキャバクラと同じ作りだ。

台湾キャバクラ(KTV)とはなんだ?という読者諸君は少ないと思うが、念のため。

一言で言うとヤレる(持ち帰りOKな)キャバクラだ。

ピンポンマンションの潜入レポでも呼んで欲しいのだが、ピンポンマンションは部屋とセットなのと料金が安いのでサクッとやるにはオススメなのだが多くの女の子を見て判断したい人には向いていない。(台湾のピンポンマンションは平均3ー8人ほど見て回る)

しかし、台湾キャバクラ(KTV)の場合、何人も見ることができ、且つ気に入った子がいれば持ち帰り、気に入らなければ飲んで帰るだけでもOKだ。

なので

  • 女の子を吟味したい
  • 話してフィーリングを見たい
  • 多くの女の子を見たい
  • お酒とおしゃべりを楽しみたい
  • そしてセックスしたい人

には向いている遊びといえる。

もちろん仕事の仲間や友達と行っている読者諸君にはぴったりだ。

台湾キャバクラ(KTV)の行き方・料金


台湾キャバクラ(KTV)は基本的に林森北路の南側にまとまっており、どのお店も歩いていける距離にある。

上記記載の赤枠内が基本的には台湾キャバクラが密集している地域だと思って問題ない。

台湾キャバクラ(KTV)の料金

お店によって若干の差はあるものの、基本的にはどこも同じだ。

大きく分けて2つの料金パターンがある。

1.飲むだけ(通常のキャバクラと同じ):1200元〜2000元

こちらは普通に飲んで終了の場合。日本のキャバクラと同じく、最初のボトルは飲み放題だ。

店によって料金と時間が異なることが多い。この辺は日本と一緒になる。

もちろん多少ママ達は女の子を持ち帰らせようと勧めてくるがハッキリNOと言って問題ない。
言うは一時の勇気、言わぬは一生の後悔だ。

意外と最後は優しく見送ってくれる。

2.飲む+ヤる(持ち帰る):約10000元

他のサイトで7000元と書いてあったので行って見たら10000元ちょい請求されて驚いた人も多いのではないだろうか?
実は筆者もそうだった。

実は飲みで1600元+持ち帰り7000元なので足して約10000元ほど請求されると言う計算だ。また、連れ出し代はお店側に払うシステム、請求されても安心して渡してもらってOKだ。

台湾キャバクラ(KTV)の遊び方

勝負入り口から始まっている


※こちらG線クラブの入口。友達に紹介したいからと言い撮影した。おそらく館内は撮影禁止だったに違いない。

お店の入り口にキャッチのババアがいるときがある。このババアがママの時とキャッチの時がある。

間違えてキャッチに連れて行かれてしまうとお金が余計にかかるので気をつけて欲しい。

座席に案内される


※撮影困難な状況にも関わらず撮影に成功。

普通のキャバクラと同じで普通に席に案内される。言われるがままに従おう。

席に着くと何を飲むか聞かれる。基本はウイスキーになるはずだ。こちらは基本の飲み放題料金に含まれているので安心して欲しい。

万が一心配な読者の諸君は女の子が来る前にママにこのタイミングで聞いておこう。

女の子が席に着く


※謎のフルーツが置かれるが食べなければお金はかからないので安心して欲しい。こちらG線クラブにて。

女の子が席に着くと名前を聞いて来る。ここからは品定めスタートだ。

持ち帰る


いい子がいればママに伝えて持ち帰ろう。いなければ帰ると行って終了。

何度も言うが、Noと断っても全然問題ないので自信満々にNOと言おう。

持ち帰る場合は、一度バイバイしてお店を出た後でホテルで合流になる。

あれ?一緒に出ないの?と焦らなくても大丈夫。安心して欲しい。

ホテルに来たらあとは本番アリでやっていただきFINISHだ。

台湾キャバクラ(KTV)のオススメ4選

どの台湾キャバクラも全体的に入り口がものすごく胡散臭く、本当に大丈夫か?と思うような佇まい。

特に安全なお店をピックアップしてオススメする。

筆者が行ったことがあり、オススメしているのは上から順番。要チェックして欲しい。

Candy36

店舗名:candy36
住所:No. 25號, Lane 107, Linsen North Road, Zhongshan District, Taipei City, 台湾 10491
料金:飲み放題90分1500元+10%,2時間2000元+10%、持ち帰り7000元
営業日:年中無休
営業時間:19:30分〜1時

クリーンな印象が強く飲むだけでも十二分に楽しめるお店。ママがキレイで物腰柔らかい。落ち着いて飲みたい方にオススメだ。

潜入レポはこちらからも書いている。→潜入レポ!台湾キャバクラ(KTV)Candy36に潜入!【写真有】

Sugar Baby(シュガーベイビー)

営業時間:20:00~1:00

老舗8年続き、オーナーは日本人なので安心して遊べる。
筆者一押しの台湾キャバクラ(KTV)だ。

こちらの記事で潜入レポも書いている→【潜入レポ!】台湾キャバクラ(KTV)Sugar Babyに潜入!

G線クラブ

電話:+886-2-2537-6506
営業時間:20:00~1:00


※地図上では訪問していませんなど謎な文言が出てくるがちゃんと営業しているので安心して欲しい。

Princess-プリンセスクラブ(旧プレステージ)

営業時間:20:00~1:00

以上だ。

こちらのお店でいい子がいなかった人には是非他の台湾風俗(【2018年最新版】台湾風俗・夜遊びに行く前に知っておきたい情報まとめ)や台湾サウナ(【特典有】台湾サウナ金年華三温暖に潜入!値段や仕組み、スペシャルマッサージまとめ)や台湾ピンポンマンション(台湾のピンポンマンションに潜入!値段や仕組み女の子まで徹底調査!)も検討して見て欲しい。

素敵なナイトになることを祈る。アディオス!

Tips1.筆者はこうした

実は筆者も持ち帰ったのだが、あまりにノリのいい子だったのでクラブに行くことを打診した。

台湾のクラブは実は数多くあるのだが、実は友達同士で遊びに行くのが主流でナンパも行われない。

ただ女の子と一緒に遊びたいと思った筆者はその流れでクラブへ。もちろん支払いはこちら持ち。ただとても楽しい時間を送ることができた。

もちろん女の子によってはNGだったりするので気をつけて欲しい。

Tips2.筆者はこうした


台湾キャバクラ(KTV)にお気に入りの子が見つからなかったため、その流れでピンポンマンションへ向かった。

あまり変わらなかったりするのだが、ピンポンマンションはトータルで6000元で済む。

Tips3.筆者はこうした

実は台湾キャバクラが多くある地域の近くに台湾サウナ(本番ありの風俗)もある。

こちらはさらに安い4800元で遊べるので、一風呂浴びながら抜きたい人にはオススメだ。

状況に応じて是非使い分けて欲しい。

秘密コミュニティ爆誕

恵比寿フライデーナイト秘密サークル爆誕

リアルタイムで情報を発信する秘密コミュニティ恵比寿フライデーナイトLINE @が爆誕した。

LINE限定で生中継はもちろんリアルタイムで情報を発信していたり、質問も受け付けている。

もちろん無料なので性を通して生を感じたい読者の諸君、登録待ってるゾ!

友だち追加

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

e_fridaynight

コメント

  1. アバター もっこりん より:

    毎回楽しみにしています。いつも恵比寿フライデーナイト参考に行っているのですが今回もドンピシャでした。1つ質問なのですが台湾キャバクラ にいる小姐は台湾人のみでしょうか?

    • KENTA KENTA より:

      いつもありがとうございます。基本的には着いた子全員に出身を聞いたのですがみんな台湾の子達でしたね。また、人によって日本語の話せるレベルは違いますが、中国語一切話せない私でも楽しめたので問題ないかと思います。