【募集中】あなたの風俗体験談教えてください

韓国風俗「彌阿里(ミアリ)置屋」はどこにある?場所や料金も解説!

恵比寿フライデーナイト読者の諸君、こんにちは。今回は韓国風俗の醍醐味「置屋」について深掘りしていく。韓国には有名な置屋街がいくつか存在するが、なかでもディープなスポットと言われているのが「ミアリ置屋」だ。

今回はミアリ置屋の場所や行き方・料金を解説する。詳しい遊び方も解説するため、ぜひ参考にしてほしい。

韓国風俗の置屋「ミアリ」とは?

彌阿里(ミアリ)は韓国で最もディープな置屋

彌阿里(ミアリ)」とは韓国の置屋街でも、最もディープと言われているスポットだ。別名「ミアリテキサス」ともいい、置屋がある地域一帯を「ミアリ」や「ミアリテキサス」の名で呼ばれている。

1960年代に、有名な娼婦村「ヤンドン」と「チョンサム」が閉鎖されたことをきっかけに、ミアリは誕生した。韓国の景気がよくなるにつれミアリは発展し、三大私娼街と呼ばれるまでになったのだ。

MEMO

ちなみに「テキサス」という名称は、ミアリに元からあった遊郭街との区別をつけるために付けられたらしい。

一説によると、アメリカの西部劇に登場する売春付き飲み屋に影響を受け、「テキサス」の名が付けられたのだとか。

そんなミアリが「最もディープ」と言われている理由は、店舗数が多く、2,000名を超える女の子が働いているから。

取り締まりの強化により女の子の数は年々減少しているが、それでもかなりの数が働いている。日本最大級と呼ばれる大阪の「飛田新地(とびたしんち)」ですら、抱えている女の子の数が500名ほどだ。

その約4倍にのぼるため、かなり規模がでかいことが分かるだろう。

MEMO

全ての店が一度に営業しているわけではない。日によって開いている置屋と、そうでない置屋がある。営業しているか否かは行ってみないと分からないゾ。

遊び方は女の子を選んで店に入るだけ

ミアリ置屋の遊び方は、一般的な置屋と同じだ。置屋街を練り歩き、気に入った子がいる店に入る。遊び方の詳しい手順は以下のとおり。

  1. 店内を見て、女の子を物色する
  2. 気に入った子がいる店に入る
  3. 個室に入る
  4. お金を払う
  5. 本番

プレイ時間は30分と短く、その間に生フェラや本番を楽しむ。キスもOKでしっかりとご奉仕してくれたが、なぜか筆者が舐めようとしたら拒否られた…。

ちなみに30分経っていない場合でも、1発射精すれば終了となるため注意してほしい。

注意

ミアリではゴムなしの本番を許してくれる子が多い。プレイルームにゴムは用意されているのだが、別に付けなくてもいいという子が多いのだ。

ただ、当たり前だが性病に感染するリスクが高いため、筆者としてはゴムありをオススメする。

女の子が待機している部屋は基本シャッターが閉まっており、外からは見えない仕組みになっている。店前にいるオバチャンにシャッターを開けてもらい、その場で女の子を物色するスタイルだ。

できるだけ可愛い子を選びたい人は、20時あたりを狙って足を運ぼう。21時を過ぎると客が多くなるため、可愛い子を先客に取られる可能性があるゾ。

女の子が待機している部屋はライトアップされており、1つの置屋につき3~5人程度待機している。

注意

女の子は強烈なライトで照らされているうえ、チマチョゴリを着ているため顔や体型が分かりにくい。その場では「可愛い」と思っても、別室へ移動した途端「下の上だな…」ということなんてザラにある。この辺りは運に任せるしかない…

好みの子がいなければ、次の置屋へ行ってOK。ただ、シャッターが降りてしまえば、どこの置屋も同じに見える。

そのため、一通り見終わったあとに「やっぱりあの店に行こう」となっても、どこにあるか分からなくなるゾ。直感でビビッときたら、後に回さずその場で即決することをオススメする

注意

置屋のシャッターが降りている理由は、警察からの摘発を逃れるため。年々置屋の数が減少していることから分かるように、危険とも隣り合わせだということを肝に銘じておこう。

ミアリのポン引きには要注意

ミアリ置屋はポン引きがしつこすぎることで有名だ。置屋街のシステム上、女の子を物色するにはどうしてもポン引きのオバチャンにお願いする必要がある

いくつもの置屋が建ち並ぶため、オバチャンたちは自分の店を見てもらおうと必死。歩いているだけで、次から次へと声をかけられるゾ。

断ると悪態をついたりどついたりするオバチャンもいる。複数の店を見て回りたい場合は、意思を強くもつことが大切だ。路地裏にオバチャンたちがウロウロしていることや、強引すぎることも「ディープな置屋街」と呼ばれている理由だろう。

MEMO

プレイ終了後にヤクルトがもらえるのだが、それを飲みながら歩いていると強引な客引きを避けられる。飛田新地でもらえる棒付きキャンディの韓国版だと思ってほしい。

ミアリ置屋の場所・行き方や料金

ミアリは韓国ソウルの「吉音駅」にあり

ミアリ置屋はソウルの「吉音(キルム)駅」にある。「仁川(インチョン)国際空港」からキルム駅までは電車で約1時間24分かかる。

※仁川国際空港からキルム駅までの経路

ソウルにある「金浦(キンポ)国際空港」を利用する場合は、1時間27分で到着するゾ。ただ、金浦国際空港への直行便は、「羽田空港」と「関西国際空港」からしか出ていないため、注意してほしい。

※金浦国際空港からキルム駅までの経路

地下鉄の「キルム駅」に到着したら、10番出口から地上へと出る。そのまま直進すると、右側の通路に暖簾がかかった細道が見えるのだが、そこがミアリ置屋への入り口だ。

※吉音(キルム)駅周辺

ピンクや緑の薄汚れた暖簾の先には、どんよりとした雰囲気が漂っており、細い通路にはシャッターが閉まった置屋がずらりと並んでいるゾ。

行き方や置屋街の雰囲気は、以下の動画が分かりやすかった。気になる人はのぞいてみてほしい。

ミアリ置屋の相場は8,000円から

ミアリ置屋の相場は約8,000円から。ポン引きのオバチャンは必ず1万円から交渉してくるため、安く抑えたい人は値引きを持ちかけよう

以外とすんなり9,000円、8,000円と下がるため交渉して損はないゾ。スムーズに交渉を進めるためにも、事前に翻訳アプリをダウンロードしておくことをオススメする。

MEMO

置屋街のなかにはご親切にATMが設置されている。365日利用できるため、手持ちがない人は利用してみてほしい。

値段が安いだけあり、女の子のレベルは微妙。30代の女性が多いため、20代に当たればラッキー程度に考えておこう。

ちなみに女の子へのチップは必要ない

料金を抑えるなら日本人だと明かさないこと

料金をできるだけ抑えたい人は、日本人だと言うことを明かさないよう注意しよう。というのも、韓国風俗には「日本人価格」といものが存在する。

現地人よりも数千円高くなるため、日本語を話さず、できるだけ英語で交渉してほしい。筆者は日本人であることを伏せて8,000円で交渉したところ、女の子にバレて12,000円を要求されたことがある。

幸い、すでにお金を支払ったあとだったため、追加料金を支払わずにすんだ。ポン引きのオバチャンによっては1万円前後のところを、2万円で交渉してくることもあるため注意してほしい。

低価格でアングラな世界を体験できる

ソウルにあるミアリ置屋は、低価格で本番が楽しめる。韓国置屋で最もディープだと言われているだけあり、一歩踏み入れるだけでアングラな世界を体験できる。

「長時間楽しみたい」「恋人のような時間を過ごしたい」という人には向いていないが、低価格で非日常を体験したい人にはピッタリだろう。

ミアリ置屋に関する質問は公式LINEにて回答しているため、気軽に連絡してきてほしい。素敵な夜になることを祈っているゾ。アディオス!

1 COMMENT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)