【募集中】あなたの風俗体験談教えてください

韓国風俗「永登浦(ヨンドンポ)置屋」はどんな場所?行き方や料金も

恵比寿フライデーナイト読者の諸君、こんにちは。今回は韓国置屋のなかでもとくに評価が高い「永登浦(ヨンドンポ)置屋」について深掘りしていく。

「韓国置屋」と一口にいっても、エリアによって特徴や女の子の質に差がある。そこで、最大の置屋街と呼ばれる「ミアリテキサス」との比較を交えつつ、女の子の質についても言及していくゾ。

永登浦(ヨンドンポ)置屋の場所や行き方・料金も解説するため、ぜひ参考にしてほしい。

韓国風俗の置屋「永登浦(ヨンドンポ)」とは?

永登浦置屋は韓国の「3大置屋街」の1つ

永登浦(ヨンドンポ)置屋は韓国の「三大置屋街」の1つだ。「ミアリテキサス」「チョノ」「ヨンドンポ」とあるが、そのなかでも規模が小さいことで知られている。

ただ、小さいといっても50店舗ほどが営業しており、70名前後の女の子が働いている。2,000名ほどが働いていると言われる「ミアリテキサス」と比べれば小規模だが、それでも充分女の子を選ぶことができるだろう。

MEMO

ヨンドンポ置屋は、1950年代に形成されたと言われている。永登浦(ヨンドンポ)駅の前に韓国陸軍の補給部隊ができ、需要があったためできたらしい。

ヨンドンポ置屋の女の子達は、全く英語が話せない。数字すら伝わらない子もいたため、必ず翻訳アプリをいれたスマホを持参にするようにしよう。

外から女の子を選んで入店する

ヨンドンポ置屋の遊び方は、外から女の子を物色して気に入った店に入るだけ。置屋はガラス張りになっており、なかでは女の子が椅子に座って待機している。車2台が通れるほどの道路があり、その両側にショーケースのような店が並んでいるゾ。

女の子が商品のように展示されている様子は、まず日本では体験できないだろう。待機している女の子は1店舗につき2~3名ほど。

営業していない店には黒いカーテンが降ろされているゾ。詳しい遊び方は以下のとおり。

  1. 店外から女の子を物色
  2. 気に入った店に入る
  3. 個室へと移動
  4. 女の子に直接お金を払う
  5. 局部をふいてもらう
  6. いざ本番!

プレイ時間は30分と短め。女の子を指名したら、2階のプレイルームにあがって本番を楽しむ。部屋は複数あり、意外と広くキレイだったゾ。

プレイ内容はフェラ・手コキ・本番が基本で、キスはほとんどNGだと思ってほしい。また、「ゴムありフェラ」か「ゴムなしフェラ」かは、女の子によって異なる。

できるだけ良いサービスを受けたいなら、愛想のいい女の子を選ぶのがポイントだ。

MEMO

女の子がチマチョゴリを着て待機している置屋街もあるが、ヨンドンポ置屋では薄手のドレスや水着など、露出の高い服をまとっている。

そのため、いざ脱いだらデブだったという心配はないゾ。

永登浦置屋にはしつこいポン引きがいない

ヨンドンポ置屋の特徴の1つが、ポン引きがいないという点だ。たとえば「ミアリテキサス」の場合、置屋街に入った途端オバチャンたちに囲まれる。

なかには強引に店へと入るよう促されたり、他店に行かないよう妨害されたりもするのだ。しかし、永登浦(ヨンドンポ)置屋にはポン引きをしているオバチャンがいないため、ゆっくりと店を回れる

ポン引きがいない理由は、お店のスタイルに関係している。ミアリテキサスは店のシャッターが降りているため、オバチャンに店の中へと入れてもらう必要があるのだ。

しかし、永登浦(ヨンドンポ)置屋は全店舗ガラス張りになっているため、オバチャンを通さずに女の子を物色できるゾ。

MEMO

女の子達は椅子に座ってスマホを見ていたり、お化粧を直していたりと様々。目が合っても無視する子や視線すらよこさない子もいたが、なかには微笑んで手招きしてくれるような子もいたゾ。

永登浦(ヨンドンポ)置屋の場所や料金

永登浦置屋は永登浦駅にあり

ヨンドンポ置屋はソウルの「永登浦(ヨンドンポ)駅」付近に存在する。仁川(インチョン)国際空港から「永登浦駅」までは電車で1時間20分ほど。

※永登浦駅から仁川国際空港までの経路

金浦国際空港からは40分ほどで到着する。移動時間を短縮するなら金浦国際空港を選ぶべきだが、日本からの直行便は「羽田空港」と「関西国際空港」からしか出ていないため注意が必要だ。

注意

永登浦市場(ヨンドンポシジャン)」や「永登浦区庁(ヨンドンポグチョン)」という駅を通るが、「永登浦駅」とは異なるため降りないよう注意してほしい。

※金浦国際空港から永登浦駅までの経路

「永登浦(ヨンドンポ)駅」から置屋街へは徒歩3分ほど辿り着く。2番出口を出てそのまま進み、左手に見えるグレーの大きな建物を曲がる。

その道を3分ほど進むと永登浦置屋があるエリアに入れるゾ。

MEMO

置屋街の入り口には昔ながらの屋台が建ち並んでいる。低価格で味も美味しいため、運動前の腹ごしらえにおすすめだ。

料金は7,000円~8,000円

永登浦置屋の料金は7,000円から8,000円が相場だ。「本番あり」という点だけで見ると、エスコートアガシや按摩と比べてかなり安くでプレイできる。

ただ、その分女の子の質やプレイ内容は下がってしまう。30代の女性が最も多く、若い子を抱きたい人は満足できないかもしれない。

MEMO

筆者の感覚的には、年齢のわりに見た目は若い子が多いように感じた。10㎝以上のヒールを履いている効果か皆スタイルがよく、「ブスすぎて抱けない」という子は見当たらなかったゾ。

ミアリテキサスの方がよっぽど年齢層が高かったように感じる…。ただ、脱ぐと期待外れの子は数人いた。

近くで見ると整形感がすごかったり、お腹周りがたれていたりしたが、脱いで近寄らないと分からないため運任せになる。

基本は7,000円から8,000円で30分のプレイを楽しめるが、日本人は+2,000円加算される。日本人価格として9,000円から1万円になってしまうが、これは韓国風俗あるあるだから仕方がない。ちなみに女の子へのチップは不要だ。

注意

2020年に値上げが行われ、30分で1万円になったという情報が読者から寄せられた。日本人価格の場合は1.2万円になっている可能性があるため、訪れたときは注意してほしい。

女の子が多い曜日は木曜~土曜

できるだけ多くの女の子を見てみたい人は、木曜から土曜の間に行くのがおすすめ。日曜は出勤している子が少ないため、注意してほしい。

20時から6時ごろまで営業しているが、21時ごろから客が多くなる。女の子をゆっくりと選びたい人は、20時ごろを狙うといいゾ

ちなみに朝の4時に訪れたことがあるが、まだまだ盛り上がっていた。

普通のサービスに飽きた玄人にオススメ

韓国の3大置屋街に数えられる、ソウルの「永登浦置屋」。規模としては小さいが、それでも店舗数や女の子の数が多いため充分に楽しめる。

また、しつこいポン引きがいないため、海外風俗に慣れていない人からしても遊びやすいだろう。

永登浦置屋に関する質問や体験談は、公式LINEにて受け付けている。ぜひ気軽に連絡してほしい。アディオス!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)