【2023年2月】台湾桃園市の風俗の種類・料金・場所・遊び方まで解説

恵比寿フライデーナイト読者の諸君こんにちは。

今日はどのサイト・人よりも台湾風俗に詳しくなった筆者が、実際に足を運んで体験した内容を元にネットに転がっている嘘か本当かわからない情報をすべて体当たりでレポした内容を綴る。

今回はそんな台湾風俗の中でも桃園市の風俗について調査した。桃園市といえば桃園空港が存在し、LCCをで台湾を訪れる読者は一度は聞いたことがあるのではないだろうか。(日本でいう成田空港的な空港といえば分かりやすい)

台北市内まで電車で1時間30分ほどあるため「時間の都合で桃園市付近に一泊」なんて読者もいるだろう。今回はそんな台湾は桃園市の風俗の種類や場所、料金体系はもちろん当たりの店からハズレの遊び方まで紹介していくゾ。

KENTA

2022年11月追記

エロマッサージやピンポンマンション、制服店などの店舗型風俗はほぼ壊滅状態だ。

デリヘル以外は望みが薄いことを、念頭にいれて遊びに出向いてほしい。

この記事で分かること

入国について不安がある読者は、台湾の入国条件について解説している記事をチェック!

【2023年2月】アジア14か国の入国条件・渡航情報を解説!

台湾は桃園市の風俗は5種類おさえれば玄人に!

台湾桃園市の風俗は主に5種類だ。

  • デリヘル
  • 置屋
  • ピンポンマンション
  • エロマッサージ
  • 制服店

基本的にはこの5つに分かれると思って問題ない。

※パンデミックの影響により、現状おすすめできるのはデリヘルのみとなっている。

桃園市の風俗の場所・エリア

台湾桃園市の場所

桃園の風俗は定点型(いわゆる店舗型)風俗の場合は置屋とピンポンマンションと制服店、エロマッサージで中壢駅付近に存在する。デリヘルに関しては桃園市一帯に派遣が可能な店がある。

なので、泊まる場所や内容によって使い分けるといいぞ。

台湾桃園市風俗の種類

▼横スクロール可能

 デリヘル置屋ピンポンマンション制服店エロマッサージ
おすすめ度★★★★★★★☆☆☆★★★☆☆★★☆☆☆★☆☆☆☆
料金7,000元~
(約3.1万円)
1,500元~
(約6,700円)
6,000元~
(約2.4万円)
4,500元
(約2万円)
3,500元~
(約1.5万円)
本番×
コメントこれ一択オバサンが多い閉業・休業閉業・休業閉業・休業

桃園市の風俗は主に5種類。

  • デリヘル
  • 置屋
  • ピンポンマンション
  • 制服店
  • エロマッサージ

もちろん定点型(いわゆる店舗型風俗)の場合は立地に左右されるのだが、デリヘルに関しては桃園市全域をカバーしているケースが多い。

その点含めて、それぞれの特徴や実際に遊んだ体験談をお伝えする。

デリヘル

※お願いしたら撮らせてくれたゾ。

桃園にももちろんデリヘルが存在する。基本的には市内であればどこでも来てくれるぞ。

デリヘルは基本的にはどこの地域でもウェブから予約ができる。たまに路上でのポン引きやネット上の偽業者にひっかかり、お金だけ騙し取られるケースもあるため注意してほしい。

MEMO

信頼できる業者を探している読者は、恵比寿フライデーナイトの公式LINEへと連絡してくれ。パンデミック後でも営業しているところを紹介できるゾ。

\友だち追加はこちら/

友だち追加

1つ注意してほしいのが、台湾デリヘル全体のクオリティが下がっているということ。昔は3万円もあればそれなりの子を抱けていただが、今では最低でも1.1万元(約4.9万円)は必要になる。

7,000元(3.1万円)から1万元(約4.4万円)はベトナムやタイから出稼ぎに来ている子ばかりで、年齢層も高めだ。正直にいうと質が悪いため、低価格の子を選ぶときは覚悟が必要だゾ。

桃園市にある中壢置屋

台湾には3大置屋というものがある。1つは以前取り上げた基隆市三坑にある置屋、2つ目が台北市内の龍山寺駅付近にある置屋、そして3つ目が今回紹介する桃園市の中壢駅近くにある中壢置屋だ。

桃園の置屋は中壢駅から徒歩10分程度の場所にある。

基本的には30代〜40代の女性がメインになっているため、若い子と遊びたい人にはおすすめできないゾ。

MEMO
料金
15分:1200元〜
30分:1500元〜
60分:2000元〜3000元
場所:中山路270巷14弄の通り

※パンデミックの影響により値上がりしていると情報が寄せられた。

2022年秋時点で、

  • 15分:1,500元(約7,000円)
  • 30分:2,000元(約9,300円)
  • 60分:2,500元(約1.2万円)

となっているため、利用時には心してほしい。

ピンポンマンション

台湾中に存在するピンポンマンションは、例に漏れず桃園にも存在する。場所は中壢駅付近だ。置屋もしくはピンポンマンションで遊びたい読者は中壢駅付近に宿を押さえ遊ぶといいぞ。

台北市内だけかと思われるピンポンマンションは実は、元々はローカル人が通常利用する形で遊ばれている業態の1つだったりする。故に桃園市のピンポンマンションは完全にローカル向けで基本的には日本語が通じない。また、アジア人が多いので気をつけるべし。

桃園のピンポンマンションは通常ルートで行くことが難しく、くわえて、パンデミックの影響を大きく受けている。筆者が以前利用した店は潰れていたゾ。

制服店(セクシークラブ)

桃園市にも制服店は存在する。いわゆるおっパブ+抜きがあるような遊びになる。但しこちらもローカル向けなので日本語が通じない。が、遊びは通常通り出来る。

中国語が話せないと厳しいが、それでも良い+酒が飲めて抜きができる遊びがしたい人には向いている遊びともいえよう。桃園なので、観光帰りなどで空港付近で遊ぶことを想定している読者が多いと思う。が、そのような読者にはこの遊びは向いていない

エロマッサージ

おなじみのエロマッサージも桃園に存在する。但し一般ルートでは難しく、完全にローカルな台湾人向けの遊びとなっている。

ポン引きも桃園ではほぼ存在しないので、地味にハードルが高い遊びの1つだろう。

桃園風俗を満喫したい読者へ

桃園風俗は置屋も含めて完全なローカルで地元民向けの遊びになっている。そのため、表立って店舗が存在しているわけではなく、直接向かうことが極めて困難。

さらにここ数年の出来事により閉業した店も多く、以前よりも増して夜遊びが困難になった印象だ。今のところそれなりの子と遊べるのはデリヘル一択だと感じるため、気になる読者は公式LINEへと連絡してほしい。

素敵な桃園ナイトライフになることを願っているゾ。それでは、アディオス!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)